TOP > 技術シーズ検索 > 時分割波長多重パルス光発生装置

時分割波長多重パルス光発生装置

シーズコード S090003686
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 後藤 俊夫
  • 西澤 典彦
技術名称 時分割波長多重パルス光発生装置
技術概要 短パルス光源と光強度調整器と光ファイバに、短パルス光源の出力に同期する発振器を加え、その発振器の出力により光強度調整器を駆動させる。これにより、任意の時分割周期で波長の異なる多重の超短パルス光を高速に広帯域に渡って変化させる。そのために、時分割波長多重パルス光発生装置では、短パルス光源1と、この短パルス光源1の出力の繰り返し周波数に同期する発振器5と、この発振器5の出力によって駆動され、短パルス光源1からの出力を変調する強度変調器2を具備する。また、この強度変調器2から入射されるパルスを受けて、出力パルスの波長を変化させる光ファイバ7を具備する。これにより、時間に対し周期的に波長の変化するパルス光を出力する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003686_01SUM.gif
研究分野
  • レーザ一般
  • 固体レーザ
  • 光導波路,光ファイバ,繊維光学
展開可能なシーズ 従来の超短パルス光の発生装置は、光学系が大がかりで、波長の可変範囲も数十nmと狭かった。また、機械的ミラー等の回転で波長を変化さるため、高速に波長を変化できなかった。そこで、任意の時分割周期で波長の異なる多重の超短パルス光を高速に広帯域に渡って変化させることができる時分割波長多重パルス光発生装置及び多波長計測システムを提供する。
時分割波長多重パルス光発生装置(光源)は、光の波長が光の強度に依存して変化するため、光の強度を変調することによって、超短パルス光の波長を高速に広帯域に渡って変化させることができる。また、生成されるパルス光は理想的なソリトンパルスになる。時分割波長多重パルス光発生装置(光源)を用いることによって、分光計測や波長に依存する各種光計測を高速に簡便な系で行うことが可能となる。
用途利用分野 パルス光発生装置、多波長計測器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 後藤 俊夫, 西澤 典彦, . 時分割波長多重パルス光発生装置. 特開2001-156368. 2001-06-08
  • H01S   3/10     
  • G01N  21/01     
  • H01S   3/06     
  • H04B  10/00     
  • H04B  10/22     

PAGE TOP