TOP > 技術シーズ検索 > 画像処理装置及び画像処理方法

画像処理装置及び画像処理方法

シーズコード S090003758
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 石井 抱
  • 山本 健吉
  • 増田 聖
技術名称 画像処理装置及び画像処理方法
技術概要 フレーム単位で取得した画像データを所定大きさの複数の領域に分割し、領域単位で更新すべき画像データの量(画素数)を決め、決められた量だけの画像データを更新することにより、画像データの量が膨大になることを防止する。そのため、画像処理装置1は、撮像装置10が撮像した画像フレームを取得する取得部21と、取得部21が取得した画像フレームを所定大きさの複数の領域に分割する分割部22と、分割部22が分割した領域単位で更新すべき画素の個数を決定する決定部23と、決定部23が決定した個数だけの画素を上記領域内で選択して更新する更新部24とを備える。決定部23は、前回更新された領域の画像データと今回更新すべき領域の画像データとの差分が第1しきい値を超えた場合に、個数を決定する。また、決定部23は、更新すべき画像データの量が第2しきい値を超えた場合に、画像データ量が第2しきい値以下になるように個数を減らして決定する。これにより、画像データの保存容量を減らすことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003758_01SUM.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
  • 電荷移送デバイス
展開可能なシーズ 高解像度及び高速で撮像した後に保存すべき画像データの量が膨大になることを防止することが可能な画像処理装置及び画像処理方法を提供する。
取得した画像データを細分化し、更新した画像データとの差分に応じて、更新すべき画素の個数が決定するので、差分が大きい場合には更新すべき画像データの量が大きく決定され、差分が小さい場合には更新すべき画像データの量が小さく決定される。このため、更新されて保存される画像データの再現性を維持しながらも、画像データの保存容量を減らすことができる。
用途利用分野 画像処理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 石井 抱, 山本 健吉, 増田 聖, . 画像処理装置及び画像処理方法. 特開2007-243832. 2007-09-20
  • H04N   5/92     
  • H04N   7/26     
  • H04N   5/225    

PAGE TOP