TOP > 技術シーズ検索 > ヒアルロン酸を用いた小型肝細胞の選択的培養法および分離法

ヒアルロン酸を用いた小型肝細胞の選択的培養法および分離法

シーズコード S090003953
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 三高 俊広
  • 今 純子
技術名称 ヒアルロン酸を用いた小型肝細胞の選択的培養法および分離法
技術概要 小型肝細胞がCD44を特異的に発現していること、および、そのリガンドであるヒアルロン酸がこの小型肝細胞の分離・培養に極めて有用であることを利用し、表面にヒアルロン酸を付着させた担体および/またはヒアルロン酸を主成分とする担体の共存下で小型肝細胞を培養する。または、表面にヒアルロン酸を付着させた担体および/またはヒアルロン酸を主成分とする担体の共存下で小型肝細胞を培養すること、および、ヒアルロン酸に付着する細胞とヒアルロン酸に付着しない細胞を分離する。ここで、小型肝細胞とは、単に肝臓に由来する小型の細胞を意味するものではなく、特定の方法を用いて肝臓から単離される細胞であって、強い増殖能を有し、アルブミン、トランスフェリン、サイトケラチン(CK) 8、CK18などのマーカーについて成熟肝細胞とほぼ同様の表現型を示し、超微構造的にも肝細胞としての特徴を有する、肝臓由来の特別な種類の小型の細胞を意味する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003953_01SUM.gif
研究分野
  • 細胞・組織培養法
展開可能なシーズ ヒトを含む哺乳動物由来増殖性肝細胞(小型肝細胞)の効率的な分離方法および、培養方法、特に選択的培養方法を提供する。小型肝細胞の培養中に成熟化して小型肝細胞としての永続的増殖能を失った細胞(成熟肝細胞としての機能を少なくとも一部有する細胞)と小型肝細胞とを効率的に分離して培養する方法、すなわち、小型肝細胞の選択的培養方法を提供する。
ヒトを含む哺乳動物の肝臓から、効率的に小型肝細胞を分離することができる。小型肝細胞を選択的に培養することができる。培養中に成熟化して小型肝細胞としての永続的増殖能を失った細胞と小型肝細胞とを効率的に分離して培養することができる。
用途利用分野 凍結保存用肝細胞分離・培養装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 三高 俊広, 今 純子, . ヒアルロン酸を用いた小型肝細胞の選択的培養法および分離法. . 2008-04-17
  • C12N   5/07     
  • C12N   1/02     

PAGE TOP