TOP > 技術シーズ検索 > セリン/スレオニンキナーゼをコードするDNA

セリン/スレオニンキナーゼをコードするDNA

シーズコード S090003980
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 審良 静男
  • 河合 太郎
技術名称 セリン/スレオニンキナーゼをコードするDNA
技術概要 ヒト胎盤及びマウス脳から調製されたcDNAライブラリーから、セリン/スレオニンキナーゼをコードするDNAを単離することに成功した。このDNAがコードするタンパク質は、ATF4と呼ばれる転写因子のロイシンジッパードメインと結合するタンパク質分子であり、セリン/スレオニンキナーゼ活性を有し、アポトーシスを誘導する活性を有する。このタンパク質、またはこの特定のアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつアポトーシス誘導活性を有する組換えタンパク質、このタンパク質をコードするDNA、このDNAを含む組換えベクター、この組換えベクターによって形質転換された形質転換体、この形質転換体を培地に培養し、得られる培養物からアポトーシス誘導活性を有するタンパク質を採取することを特徴とするアポトーシス誘導活性を有するタンパク質の製造方法、および、このタンパク質、DNAおよび/または組換えベクターの少なくとも一つを含むアポトーシス誘導剤を提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090003980_01SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 微生物の接種・培養法
展開可能なシーズ セリン/スレオニンキナーゼ、このキナーゼをコードするDNA、このDNAを含む組換えベクター、このベクターによって形質転換された形質転換体及びセリン/スレオニンキナーゼの製造方法を提供する。
癌に対する遺伝子治療剤及び抗癌剤等として利用できる点で有用な遺伝子を提供できる。
用途利用分野 癌に対する遺伝子治療剤、抗癌剤、アポトーシス誘導剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, . 審良 静男, 河合 太郎, . セリン/スレオニンキナーゼをコードするDNA. 特開平11-098984. 1999-04-13
  • C12N  15/09     
  • C12N   9/12     
  • C12N   1/15     
  • C12N   1/19     
  • C12N   1/21     
  • C12N   5/10     
  • A61K  38/00     

PAGE TOP