TOP > 技術シーズ検索 > 非天然蛋白質の製造方法、固定化方法及びキット

非天然蛋白質の製造方法、固定化方法及びキット 新技術説明会

シーズコード S090004020
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 西川 一八
  • 鈴木 正昭
  • 横川 隆志
  • 細谷 孝充
  • 大野 敏
技術名称 非天然蛋白質の製造方法、固定化方法及びキット 新技術説明会
技術概要 チロシンアナログと、サプレッサーtRNAと、チロシンアナログをサプレッサーtRNAに結合させるアミノアシルtRNA合成酵素変異体とを含有する蛋白質合成系に、鋳型を加えて蛋白質合成させる。チロシンアナログはアジドチロシン、アセチルチロシン、アミノチロシン又はドーパであり、鋳型はサプレッサーtRNAが認識する終止コドンを翻訳領域に配したポリヌクレオチドである。蛋白質合成工程後、後修飾工程として、チロシンアナログの側鎖のアジド基、アセチル基、アミノ基又は水酸基を修飾して蛍光物質を含む修飾物を結合させることによりチロシンアナログを蛍光性チロシンアナログ修飾体にする。これらの工程により、非天然アミノ酸が部位特異的に組込まれた非天然蛋白質を製造する。この非天然蛋白質を固定化した担体は、チロシンアナログの側鎖のアジド基、アセチル基、アミノ基又は水酸基を、固定化担体の支持体に結合した反応基に対して結合させて作成する。その他、非天然蛋白質製造用のキットを提供する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004020_01SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ 生理活性の低下を抑えつつ、蛋白質構成アミノ酸として非天然アミノ酸を高効率で部位特異的に組込むことが容易な非天然蛋白質の製造方法、そのような非天然蛋白質を提供する。生理活性の低下を抑えつつ、部位特異的に非天然蛋白質を固定化することが容易な非天然蛋白質の固定化方法を提供する。X線構造解析に容易に利用することができる非天然蛋白質、その製造方法及び製造用のキットを提供する。
これらの非天然蛋白質は、天然蛋白質とは分子構造が明確に区別されていることから、その生体内での局在や挙動を調べるのが容易である。天然蛋白質の生理活性に関与する蛋白質構成アミノ酸を特定したり、蛋白質の立体構造解析に利用したり、情報処理解析技術の開発に利用することができる。X線結晶構造解析において立体構造を調べるために好適に用いられるうえ、その際にはX線の散乱特性に非常に優れていて好ましい。
用途利用分野 情報解析キット、精密計測機器、医薬品素材開発キット、バイオマーカー開発キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人岐阜大学, . 西川 一八, 鈴木 正昭, 横川 隆志, 細谷 孝充, 大野 敏, . 非天然蛋白質の製造方法、固定化方法及びキット. 特開2004-261160. 2004-09-24
  • C12N  15/09     
  • C12P  21/02     

PAGE TOP