TOP > 技術シーズ検索 > 旋毛虫の種特異的抗原、及び該抗原を利用した旋毛虫感染の検査法

旋毛虫の種特異的抗原、及び該抗原を利用した旋毛虫感染の検査法

シーズコード S090004024
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 長野 功
  • 高橋 優三
  • 呉 志良
技術名称 旋毛虫の種特異的抗原、及び該抗原を利用した旋毛虫感染の検査法
技術概要 旋毛虫の種特異的抗原及び実質的にこの抗原と同一のアミノ酸配列を有するポリペプチドに関する。抗原は、それが天然に由来する場合には、対応する旋毛虫の細胞や組織、或いは体液などから標準的な手法を用いて分離・調製することができる。好ましくは、抗原を組換えDNA技術を用いて生産する。または、化学合成によって生産してもよい。また、抗原をコードする核酸に関する。この核酸は、抗原を調製するための材料として用いられ、標準的な手法によって調製することができる。さらに、この核酸を含有するベクターを提供する。好ましくは発現ベクターである。核酸のベクターへの挿入、選択マーカー遺伝子の挿入(必要な場合)、プロモーターの挿入(必要な場合)等は標準的な組換えDNA技術を用いて行うことができる。さらに、この核酸が導入された宿主細胞(即ち形質転換体)を提供する。形質転換体は、このベクターを用いたトランスフェクションまたはトランスフォーメーションによって得ることができる。この種特異的抗原を利用して旋毛虫感染用キットとして利用することができる。これにより、早期診断が可能となり、感染した旋毛虫を種のレベルまで決定することも可能となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004024_01SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ 旋毛虫症の早期診断に有用である、旋毛虫の種特異的抗原を提供する。また、旋毛虫の種特異的抗原を利用することによって、早期診断を可能とし且つ感染した旋毛虫を種のレベルまで決定することも可能とする旋毛虫感染の検査法、並びにその検査法に利用される検査用試薬及び検査用キットを提供する。
種の相違に起因する症状の違いが明確となり、より適切な治療が可能となる。また、疫学的研究に有益な情報も得られる。
用途利用分野 抗原、旋毛虫感染検査用キット、旋毛虫感染検査用試薬、試薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人岐阜大学, . 長野 功, 高橋 優三, 呉 志良, . 旋毛虫の種特異的抗原、及び該抗原を利用した旋毛虫感染の検査法. 特開2007-159489. 2007-06-28
  • C12Q   1/04     
  • G01N  33/569    
  • C07K  14/435    

PAGE TOP