TOP > 技術シーズ検索 > 哺乳動物細胞内にトランスフェクションした遺伝子の増幅を向上させるためのベクターおよび方法

哺乳動物細胞内にトランスフェクションした遺伝子の増幅を向上させるためのベクターおよび方法

シーズコード S090004028
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 清水 典明
技術名称 哺乳動物細胞内にトランスフェクションした遺伝子の増幅を向上させるためのベクターおよび方法
技術概要 このベクターは、哺乳動物細胞内にトランスフェクションした遺伝子の増幅を向上させるためのベクターであって、哺乳動物細胞内で機能する複製開始領域および核マトリックス結合領域を含み、複製開始領域からの複製フォークは、このベクターに組み込まれた任意の遺伝子からの転写と正面衝突する構造であることと、複製と転写が正面衝突する領域にpoly(A)付加配列または複製フォーク阻害配列が存在しないことと、複製と転写が正面衝突する領域に核マトリックス結合領域を含むこと、とを特徴とする。なお、このベクターには、薬剤耐性遺伝子が含まれていてもよい。また、このベクターは適宜目的に応じて、大腸菌内でクローニングを行うために必要な遺伝子、緑色蛍光タンパク質遺伝子等の形質転換細胞を選択するための遺伝子またはその他の配列を有していてもよい。このベクターには、目的遺伝子が組み込まれていてもよい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004028_01SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
展開可能なシーズ 広範な哺乳動物細胞を宿主として使用することができ、トランスフェクションした目的遺伝子の増幅を向上させること。
目的遺伝子の増幅を増大させることができる。どのような長さの遺伝子でも増幅させることが可能であり、ゲノム上の広範な目的遺伝子を導入することもできる。また、この方法は、簡便であり、目的遺伝子をその鎖長や構造によらず、哺乳動物細胞内で目的遺伝子を安定に増幅することができる。したがって、そのタンパク質産物を大量生産するために有用である。また、遺伝子治療用のベクターの構築など、多方面に応用可能である。
用途利用分野 遺伝子増幅キット、遺伝子治療薬、遺伝子導入ベクター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 清水 典明, . 哺乳動物細胞内にトランスフェクションした遺伝子の増幅を向上させるためのベクターおよび方法. 特開2004-337066. 2004-12-02
  • C12N  15/09     

PAGE TOP