TOP > 技術シーズ検索 > 細胞培養装置

細胞培養装置

シーズコード S090004035
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 末田 泰二郎
  • 宮崎 政則
技術名称 細胞培養装置
技術概要 この細胞培養装置は、培養液供給手段40により所要の拍動流及び拍動圧が与えられる構成になっている。培養液供給手段40は、ポンプ制御装置43によりポンプ41の最大吐出量を制御するとともに吐出量を周期的に変化させ、さらに、流量調整弁45により導管60内を流れる培養液の流量を制御することにより、所要の拍動流及び拍動圧を得ることができるようになっている。培養室10の内部を拍動する培養液が円滑に流れ、その培養液が培養室10の内部に設置した人工血管に適切に供給されるような培養室であればよい。培養液槽15は、培養液中に含有される空気の排出(空気抜き)を行うため、培養液を一時貯留するためのものである。ガス交換手段20は、公知のものを使用することができる。加温手段30は、培養液の温度を所定温度に加温できるものであればよく、培養液が流れる螺旋状の塩化ビニールで構成された熱交換器32を恒温槽31内に設けた構造のものを使用することができる。恒温槽31には、所定温度に保持されたウォーターバスを使用することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004035_01SUM.gif
研究分野
  • 工業的培養法,装置
展開可能なシーズ 拍動を与えながら細胞培養を行うことができ、簡単でコンパクトな構造をなし操作や維持管理が容易な細胞培養装置を提供する。
簡単な構造であるから維持管理に特別の工数を要しない。各構成部品の滅菌、補修、交換等を安価かつ容易に行うことができる。
用途利用分野 人工血管、外科治療器具、医療用品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 末田 泰二郎, 宮崎 政則, . 細胞培養装置. 特開2006-109707. 2006-04-27
  • C12M   3/00     

PAGE TOP