TOP > 技術シーズ検索 > 遺伝子導入細胞、及びそれを用いたテロメラーゼ誘導物質の検出方法

遺伝子導入細胞、及びそれを用いたテロメラーゼ誘導物質の検出方法

シーズコード S090004041
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 井出 利憲
  • 田原 栄俊
技術名称 遺伝子導入細胞、及びそれを用いたテロメラーゼ誘導物質の検出方法
技術概要 テロメラーゼ触媒サブユニット(TERT)遺伝子と、TERT遺伝子の上流に連結された構成的プロモーターとを有するTERT発現ベクターを導入することによって不死化した正常体細胞に、TERTのプロモーターとTERTのプロモーターの下流に連結された外来遺伝子とを有するベクターを導入して遺伝子導入細胞を作る。また、この遺伝子導入細胞を被検物質と接触させて、外来遺伝子の発現の有無及び発現の程度を測定することによって、被検物質がテロメラーゼを誘導するか否かを検出する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004041_01SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ テロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子の転写活性調節の研究を可能にし、テロメラーゼを誘導する物質をスクリーニングすることを可能にする手段を提供する。
正常体細胞でのテロメラーゼ活性抑制のメカニズムを知る上で、細胞の寿命を気にせず、テロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子の転写活性調節の研究を行うことが可能であり、この遺伝子導入細胞によれば、テロメラーゼ誘導物質の迅速かつ鋭敏なスクリーニングが可能となる。テロメラーゼ誘導物質の検出方法によれば、テロメラーゼを誘導する作用があるか否かを検出することができる。
用途利用分野 遺伝子導入細胞、テロメラーゼ誘導物質、テロメラーゼ触媒サブユニット遺伝子
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 井出 利憲, 田原 栄俊, . 遺伝子導入細胞、及びそれを用いたテロメラーゼ誘導物質の検出方法. 特開2006-238817. 2006-09-14
  • C12N   5/10     
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/02     
  • C12Q   1/66     
  • G01N  21/78     

PAGE TOP