TOP > 技術シーズ検索 > アプタマーの同定方法

アプタマーの同定方法 新技術説明会

シーズコード S090004053
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 池袋 一典
  • 早出 広司
技術名称 アプタマーの同定方法 新技術説明会
技術概要 標的分子を固定化した第1の担体と、非標的分子を固定化した第2の担体とを用意し、1本鎖核酸のライブラリを、第1の担体と第2の担体とが1本鎖核酸との結合について競合する条件下で、両者と接触させ、第1の担体上に固定化された標的分子と結合した1本鎖核酸を回収し、そしてその1本鎖核酸の塩基配列を決定するという各工程を含む標的分子と結合しうるアプタマーを同定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004053_01SUM.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 核酸一般
展開可能なシーズ SELEX法(試験管内人工進化法)の問題点を解決し、標的分子に特異的に結合しうるアプタマーを効率よく取得する方法を提供する。
この方法により、同定されるアプタマーは、核酸、蛋白質、糖類等の標的分子の検出、定量、ならびに機能および相互作用の解析に有用である。
用途利用分野 アプタマー
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人東京農工大学, . 池袋 一典, 早出 広司, . アプタマーの同定方法. 特開2007-014292. 2007-01-25
  • C12Q   1/68     
  • C12N  15/09     
  • C12N  15/115    
  • G01N  37/00     

PAGE TOP