TOP > 技術シーズ検索 > 水域環境改善材およびそれを用いる水域環境改善方法

水域環境改善材およびそれを用いる水域環境改善方法

シーズコード S090004134
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 山本 民次
技術名称 水域環境改善材およびそれを用いる水域環境改善方法
技術概要 製鋼スラグに珪藻を付着させてなる珪藻付着スラグを含有する水域環境改善材を有機物含量の多い底質を有する水域に散布する。製鋼スラグから溶出する無機栄養塩が底生微細藻の増殖および光合成活性を上昇させ,底生微細藻が放出する酸素により底質および水質を改善する。即ち,水域に散布して当該水域の環境を改善する水域環境改善材であって、製鋼スラグに珪藻を付着させてなる珪藻付着スラグを含有することを特徴とする水域環境改善材。上記珪藻付着スラグと珪藻が付着していない製鋼スラグとの混合物である水域環境改善材。製鋼スラグは珪藻の栄養源となるリンやケイ素等の無機栄養塩を溶出する。スラグに付着した珪藻は,これらの無機栄養塩が水中に溶け出す前にすばやく栄養源として取り込み,増殖が促進され,光合成活性が向上する。光合成により放出される酸素により底質および水質が改善される。また,珪藻はスラグに付着しているため,流失することなく多数の珪藻を一定領域にスラグとともに散布することができる。水域環境改善材を水域に散布することを特徴とする水域環境改善方法。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004134_01SUM.gif
研究分野
  • 上水道工学・用水処理一般
  • 光合成
展開可能なシーズ リン負荷量の急激な減少により貧栄養化した水質と,依然として過去の富栄養化の影響で多量の有機物が蓄積している底質とのいずれをも簡便かつ効率良く改善することが可能な,水域環境改善材およびそれを用いる水域の環境改善方法を提供する。
本発明による水域の環境改善方法および環境改善材は,製鋼スラグに珪藻を付着させてなる珪藻付着スラグを含有するものである。それ故,廃棄物として扱われているスラグを環境浄化に利用でき、循環型社会の形成に貢献できるという効果を有し,公共事業や環境産業に利用できる。また,本発明に係る水域の環境改善材は,鉄鋼スラグを利用するものであるため,鉄鋼業者が当該環境改善材を製造することができる。
用途利用分野 水域環境改善材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人広島大学, . 山本 民次, . 底質改善材およびそれを用いる底質改善方法. 特開2006-068732. 2006-03-16
  • C02F   3/32     
  • C02F   3/00     
  • C02F   3/10     
  • C02F  11/02     
  • A01K  61/00     

PAGE TOP