TOP > 技術シーズ検索 > デオキシリボ核酸複合体を固定化したシリコーン構造体の製造方法及び該方法により得られたシリコーン構造体

デオキシリボ核酸複合体を固定化したシリコーン構造体の製造方法及び該方法により得られたシリコーン構造体 新技術説明会

シーズコード S090004144
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 槇 靖幸
  • 土橋 敏明
技術名称 デオキシリボ核酸複合体を固定化したシリコーン構造体の製造方法及び該方法により得られたシリコーン構造体 新技術説明会
技術概要 デオキシリボ核酸(DNA)複合体を固定化したシリコーン構造体の製造方法、及びこの方法により得られたシリコーン構造体の発明である。DNA複合体を固定化したシリコーン構造体18の製造方法は、DNA11を含有する水溶液と両親媒性分子12を含有する水溶液とを混合してDNA複合体13を形成する工程と、形成したDNA複合体を有機溶媒14に溶解してDNA複合体溶解液16を調製する工程と、網状構造を有するシリコーン17を調製したDNA複合体溶解液中に浸漬することによりシリコーンの網状構造内にDNA複合体と溶媒とを取り込ませシリコーンを膨潤させる工程と、膨潤させたシリコーンから溶媒を除去することにより、シリコーンの網状構造内にDNA複合体を固定化させる工程を含む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004144_01SUM.gif S090004144_02SUM.gif
研究分野
  • 吸着剤
  • 各種物理的手法
展開可能なシーズ 芳香族化合物吸着性を有し、かつ力学的強度と弾性とを備えたデオキシリボ核酸(DNA)複合体を固定化したシリコーン構造体を大量に製造することができる方法とこの方法により得られたシリコーン構造体を提供する。
芳香族化合物吸着性を有し、かつ力学的強度と弾性とを備えたDNA複合体を固定化したシリコーン構造体を製造することができる。複雑な工程がないため、シリコーン構造体の大量生産に適している。
用途利用分野 DNA複合体を固定化したシリコーン構造体、DNA複合体を固定化したシリコーン構造体の製造装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人群馬大学, . 槇 靖幸, 土橋 敏明, . デオキシリボ核酸複合体を固定化したシリコーン構造体の製造方法. 特開2008-012434. 2008-01-24
  • B01J  20/26     

PAGE TOP