TOP > 技術シーズ検索 > バイオディーゼル油製造用固体塩基触媒及びその製造方法、バイオディーゼル油製造用反応器及び装置、並びに該装置を用いたバイオディーゼル油の製造方法

バイオディーゼル油製造用固体塩基触媒及びその製造方法、バイオディーゼル油製造用反応器及び装置、並びに該装置を用いたバイオディーゼル油の製造方法

シーズコード S090004149
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 日高 重助
  • 高津 淑人
技術名称 バイオディーゼル油製造用固体塩基触媒及びその製造方法、バイオディーゼル油製造用反応器及び装置、並びに該装置を用いたバイオディーゼル油の製造方法
技術概要 このバイオディーゼル油製造用固体塩基触媒は、原料油脂とアルコールとのエステル交換反応によってバイオディーゼル油の製造に使用される固体塩基触媒であり、固体塩基触媒が、生石灰、炭酸カルシウム、酢酸カルシウム及び消石灰から選ばれた触媒原料を、水を実質的に含まずに炭酸ガス濃度が1ppm以下である不活性ガス雰囲気下で焼成して製造され、15以上の塩基強度(H_)を有し、かつ、0.1mmol/g以上の塩基量を有する、酸化カルシウムである。反応器は、一方の導入口側から他方の排出口側に向かって流体が流れる流路を有した気密性容器であり、内部に固体塩基触媒が充填されている。反応器の両端には外気(特に二酸化炭素)の流入を防止するための遮断手段が設けられている。バイオディーゼル油製造用装置は、この反応器と、反応器内でのエステル交換反応によって生じるグリセリンを除去し生成したバイオディーゼル油を分離するための静置槽とを具備している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004149_01SUM.gif
研究分野
  • 触媒
  • 大気汚染一般
展開可能なシーズ 原料油脂からバイオディーゼル油(BDF)を効率良く製造するのに適した固体塩基触媒及びその製造方法、BDF製造用反応器及び装置、並びにこの装置を用いたBDFの製造方法を提供する。
従来の水酸化アルカリの使用による触媒除去のための中和工程が不要であり、強アルカリ排水が副生しない。反応効率が極めて高く、装置がコンパクト化でき、操作性、整備性が良好である。この触媒は流通式反応装置が好適であり、原料油脂の連続処理が可能である。
用途利用分野 バイオディーゼル油(BDF)製造用固体塩基触媒、BDF製造用反応器、BDF製造用装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人同志社, . 日高 重助, 高津 淑人, . バイオディーゼル油製造用固体塩基触媒及びその製造方法、バイオディーゼル油製造用反応器及び装置、並びに該装置を用いたバイオディーゼル油の製造方法. . 2009-01-08
  • B01J  23/02     
  • B01J  37/08     
  • C10L   1/02     
  • C11C   3/10     

PAGE TOP