TOP > 技術シーズ検索 > 建材用組成物、それを用いた建築材料の製造方法

建材用組成物、それを用いた建築材料の製造方法

シーズコード S090004174
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 村上 博
  • 鈴木 祥之
  • 後藤 正美
技術名称 建材用組成物、それを用いた建築材料の製造方法
技術概要 建材用組成物は、珪藻土、廃木材、田土及び無機系硬化剤、さらに故紙、古畳、古瓦の破砕物や破砕土などの産業廃棄物を含むが、珪藻土は全成分中10~50重量%、廃木材は5~30重量%、無機系硬化剤は10~80重量%の範囲で含むのが好ましい。無機系硬化剤はセメント系土壁用硬化剤が好ましい。田土は5~40重量%の範囲で含有する。故紙及び/又は古畳、古瓦の破砕物や破砕土などの産業廃棄物は10~30重量%の範囲で含有することができる。建築材料の製造方法は、珪藻土と廃木材と田土を水と混合し、必要に応じて故紙及び/又は古畳、古瓦の破砕物や破砕土などの産業廃棄物、抗菌剤、防虫剤を配合した混合物をよく攪拌した後、成形直前に無機系硬化剤を投入して建材用組成物を調製し、パネル又はブロックに成形し、乾燥養生する。流込成形法では、図のように角鋼材でパネル寸法の枠2を作成し、その上下に防水合板の押板3を配し、その1箇所にダボ仕口4を設けて型枠1を形成し、調製した建材用組成物を型1に流し込み、押板3に50~200kgの重しを載せ、乾燥養生し、脱型し恒温・恒湿室で養生して製品に仕上げる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004174_01SUM.gif
研究分野
  • 用途・機能・工法面から見た建設材料
展開可能なシーズ 建材用組成物および建材用組成物を用いた建築材料の製造方法を提供する。
建材用組成物は、珪藻土、廃木材、無機系硬化剤及び田土を含み、さらに必要に応じて故紙及び/又は古畳、古瓦の破砕物及び破砕土などの産業廃棄物を含有するので資源の有効利用ができる。得られた建築材料は耐力が高く、積載加重変形が少なく、やんわりとした土の感触があり、また化学物資の発生による化学物質過敏症を起こすことなく、生活環境及び地球環境に優しい。
用途利用分野 耐力壁用荒壁パネル、断熱・防音パネル、土壁、ブロック材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 金沢工業大学, . 村上 博, 鈴木 祥之, 後藤 正美, . 建材用組成物、それを用いた建築材料の製造方法. 特開2003-335564. 2003-11-25
  • C04B  28/00     
  • B28C   5/00     
  • C04B  14/08     
  • C04B  18/26     
  • C04B  14/36     
  • C04B  18/24     
  • C04B  18/16     
  • C04B 111/00     

PAGE TOP