TOP > 技術シーズ検索 > 新規多糖類、およびそれを用いた染料含有廃水の凝集脱色方法

新規多糖類、およびそれを用いた染料含有廃水の凝集脱色方法

シーズコード S090004240
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 野畑 靖浩
  • 黒宮 友美
  • 倉根 隆一郎
技術名称 新規多糖類、およびそれを用いた染料含有廃水の凝集脱色方法
技術概要 多糖類は、実質的にグルクロン酸、グルコース、ガラクトース、フコースの4種の単糖類よりなりその構成割合がグルクロン酸10~60重量%、グルコース5~70重量%、ガラクトース10~80重量%、フコース5~20重量%であり、好ましくは、グルクロン酸10~30重量%、グルコース10~55重量%、ガラクトース10~65重量%、フコース5~20重量%である。本多糖類の分子量は、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)にて求めたとき1万以上あればよく上限は特に限界はない。そのスペクトルの例を図に示す。上記単糖類の割合および分子量は染料含有廃水の凝集脱色のためには極めて好ましい効果を発揮する。また、微生物が産出するものであるため、微生物の培養物、その処理物から単離される。好ましい微生物としては特にブルコールデリアKYO-36株が好ましい。また、特にキトサンを補助剤として用いるのが好ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S090004240_01SUM.gif
研究分野
  • 糖質・糖鎖一般
  • 各種有機化合物の製造
展開可能なシーズ 特定のグラム陰性細菌が産生する新規の多糖類を提供すると共に、この多糖類を用いて,安全でかつ極めて簡単な操作で水溶性の染料を含有する着色廃水の脱色方法を提供することを目的とする。
ブルコールデリアKYO-36株(FERM BP-6468)なるグラム陰性細菌の産生した多糖類に対して、さらに、キトサン、水溶性のカチオン性高分子および水中で2価あるいは3価の金属イオンを供与し得る物質からなる群より選ばれた1種以上とを補助剤として、染料により着色した廃水中に添加し、凝集した染料を分別することにより染料含有廃水の凝集脱色が可能となる。
用途利用分野 微生物産生多糖類、染料含有廃水凝集脱色剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人科学技術振興機構, 独立行政法人産業技術総合研究所, . 野畑 靖浩, 黒宮 友美, 倉根 隆一郎, . 新規多糖類、およびそれを用いた染料含有廃水の凝集脱色方法. 特開2000-095802. 2000-04-04
  • C08B  37/00     
  • C12P  19/04     
  • B01D  21/01     
  • C02F   1/56     

PAGE TOP