TOP > 技術シーズ検索 > 電磁鋼板の熱改質方法

電磁鋼板の熱改質方法

シーズコード S090004278
掲載日 2010年3月30日
研究者
  • 西尾 一政
  • 池田 満昭
技術名称 電磁鋼板の熱改質方法
技術概要 2~4%の珪素を含む電磁鋼板をオーステナイト域の温度に急速に加熱した後、その温度以下に急速に冷却する熱処理を3~6回繰り返すと、結晶粒径3~15μmが得られる。熱処理は高周波加熱又はレーザ加熱又は双方を併用して行う。これにより高周波鉄損が低く、降伏強度が440MPa以上の電磁鋼板が得られる。
展開可能なシーズ 高周波鉄損が低く、かつ高い降伏強度を有する電磁鋼板の熱改質方法を提供する。
オーステナイト領域の温度に急速加熱した後、その温度以下に急速冷却する熱処理を少なくとも3~6回繰り返すため、高周波鉄損が低く、かつ高い降伏強度を有する電磁鋼板を得ることができる。
用途利用分野 電動機、発電機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 西尾 一政, 池田 満昭, . 電磁鋼板の熱改質方法. 特開2006-083416. 2006-03-30
  • C21D   9/46     
  • C21D   1/34     
  • C22C  38/00     
  • C22C  38/02     
  • H01F   1/16     

PAGE TOP