TOP > 技術シーズ検索 > 鉄道車両用軌間可変台車

鉄道車両用軌間可変台車

シーズコード S100000186
掲載日 2010年9月16日
研究者
  • 豊岡 友裕
  • 岡本 勲
技術名称 鉄道車両用軌間可変台車
技術概要 車両の左右方向に延びる回転可能な車軸31の荷重を車軸軸受23が直接受ける構成である。車軸軸受23がスリーブ35を介さず車軸31を直接支持するため、車軸軸受23の径を小さくすることができる。加えて、駆動機構60の動力がスリーブ35から車輪41に直接伝わるので、車軸41は曲げ荷重のみを受け、駆動力による捩じり荷重はほとんど受けない。このように捩じり荷重を受けないことで、車軸23の径も小さくすることができる。車軸31や車軸軸受23が小型化できる結果、実績のある車軸軸受23を使用することができ、また軸箱19も小さくすることが可能になり、トータルでは相当程度バネ下重量を軽くすることができる。また、軸箱19の大型化を避けられるので、多種多様な位置決め機構24や地上側設備と組み合わせて使用することもできる。また、駆動機構60とトルク伝達機構48、49との間に可撓継手38を設け、可撓継手38によりラジアル方向の変位及び傾きをキャンセルして、トルク伝達機構48、49にラジアル荷重がかからないようにするのが好ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-189949.gif
研究分野
  • 鉄道車両設計
展開可能なシーズ 車軸周り全体をコンパクトに構成することができ、さらに軌道変更時にスライドする各所のバックラッシュを小さくすることができる鉄道車両用軌間可変台車を提供する。
車軸や車軸軸受が小型化できるので、軸箱も小さくすることができる。このためトータルでは相当程度バネ下重量を軽くすることができる。また、軸箱の大型化を避けることができるので、多種多様な位置決め機構や地上側設備と組み合わせて使用することもできる。
用途利用分野 鉄道、駆動台車、軌間可変台車
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) (財)鉄道総合技術研究所, . 豊岡 友裕, 岡本 勲, . 鉄道車両用軌間可変台車. 特開2001-018796. 2001-01-23
  • B61F   7/00     
  • B60B  35/10     

PAGE TOP