TOP > 技術シーズ検索 > 同軸-誘電体イメージ線路変換装置

同軸-誘電体イメージ線路変換装置

シーズコード S100000237
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 石井 望
  • 伊藤 精彦
技術名称 同軸-誘電体イメージ線路変換装置
技術概要 同軸線路を構成する同軸ケーブル11を、外導体12とこの外導体から絶縁物13によって分離された内導体14と、外導体12の外側を覆う絶縁被覆15とで構成し、誘電体イメージ線路21を接地板22と、この接地板22の上に設けられた誘電体ロッド23とで構成する。かかる構成において、同軸ケーブル11の外導体12を誘電体イメージ線路21の接地板22に裏面で接続し、内導体14を接地板22にあけた開口を経て裏面から表面へ突出させ、誘電体ロッド23の端面の中央に接触させる。更に、接地板22の表面には、誘電体イメージ線路23の巾に等しい間隔で互いに平行に離間した一対の金属板31及び32を、誘電体ロッドの端面から誘電体ロッドの長手方向に延在して設ける。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-219615.gif
研究分野
  • 有線通信方式・機器
  • 伝送線
展開可能なシーズ 同軸線路を用いることによって、構造が簡単、製作が容易で安価な変換特性の良好な同軸-誘電体イメージ線路変換装置を提供する。
内導体を誘電体ロッドの端面の中央に接触させ、誘電体イメージ線路の接地板上に、誘電体ロッドの延長線上に誘電体ロッドの幅に等しい間隔で互いに平行に離間させた一対の誘電体平行板を配置することにより、製作が容易で安価となる。また変換損失が低いので高効率の変換を行なうことができる。
用途利用分野 同軸-誘導体イメージ線路変換装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人北海道大学, . 石井 望, 伊藤 精彦, . 同軸-誘電体イメージ線路変換装置. 特開平11-068419. 1999-03-09
  • H01P   5/08     

PAGE TOP