TOP > 技術シーズ検索 > レイシヒメハマキの性誘引剤

レイシヒメハマキの性誘引剤

シーズコード S100000587
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 若村 定男
  • 新垣 則雄
  • 安田 哲也
  • 川崎 建次郎
技術名称 レイシヒメハマキの性誘引剤
技術概要 、(E)-8-ドデセニル・アセタート又は(E)-8-テトラデセニル・アセタートの一方または両者を活性成分として含有するレイシヒメハマキの性誘引剤である。これらは、はそれぞれ単独でレイシヒメハマキ雄成虫に対し強い性誘引活性を示し、両物質を併用するとさらにその性誘引活性が増強される。レイシヒメハマキ雌成虫の腹部末端節付近の性フェロモン分泌腺を切取りヘキサンによって抽出し、フロリジルを充填したカラムクロマトグラフィーにより単離する。化学合成化合物を誘引源とした粘着板を昆虫捕獲器に取りつけ、この捕獲器をレイシ栽培圃場につり下げ、粘着板に捕獲された雄成虫の数を調査した結果を表1に示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-052586.gif
研究分野
  • 昆虫・ダニによる植物被害
  • 化学的防除
  • 害虫に対する農薬
展開可能なシーズ レイシヒメハマキ雄成虫に対し顕著な誘引作用を示す物質をレイシヒメハマキの雌成虫から単離し、さらにこの物質を有効成分とする性誘引剤を提供する。
、(E)-8-ドデセニル・アセタート及び(E)-8-テトラデセニル・アセタートにはそれぞれ単独で雄レイシヒメハマキ成虫に対する誘引活性を有し、かつ両化合物を併用することによって誘引活性が著しく増強する。
用途利用分野 レイシヒメハマキ防除剤、レイシヒメハマキ発生消長調査
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長, . 若村 定男, 新垣 則雄, 安田 哲也, 川崎 建次郎, . レイシヒメハマキの性誘引剤. 特開平10-236902. 1998-09-08
  • A01N  37/02     

PAGE TOP