TOP > 技術シーズ検索 > p-ニトロフェニル 2-アセチルアミノ-4-O-(2-アミノ-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシル)-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシドおよびその塩並びにその製造法

p-ニトロフェニル 2-アセチルアミノ-4-O-(2-アミノ-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシル)-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシドおよびその塩並びにその製造法

シーズコード S100000600
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 徳安 健
  • 小野 裕嗣
  • 亀山 眞由美
  • 森 隆
  • 濱松 潮香
  • 林 清
技術名称 p-ニトロフェニル 2-アセチルアミノ-4-O-(2-アミノ-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシル)-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシドおよびその塩並びにその製造法
技術概要 式(1)で表されるp-ニトロフェニル2-アセチルアミノ-4-O-(2-アミノ-2-デオキシ-β-D-グルコピラノシル)-2-デオキシ-β-D-グルコピラノシドまたはその酸付加塩であり、キチン2量体のp-ニトロフェニル誘導体にコレトトリカム・リンデムチアナムATCC56676株由来の脱アセチル化酵素を作用させて製造する。キチン2量体のp-ニトロフェニル誘導体は、p-ニトロフェニル-ジ-N-アセチル-β-D-キトビオシドである。脱アセチル化酵素は、不完全菌の胞子を液体培地で培養した後、培養物から活性画分を回収し、これを粗酵素液として用いるか、常法により精製して精製酵素として用いる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-156091.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 分析試薬
展開可能なシーズ エキソ型のキチン分解酵素には作用せず、エンド型のものに対して特異的な基質になり得る化合物およびその製造法を提供する。
新規物質であるp-ニトロフェニル2-アセチルアミノ-4-O-(2-アミノ-2-デオキシ-β-D-グルコピラノシル)-2-デオキシ-β-D-グルコピラノシドおよびその塩が提供される。この化合物を用いることによって、混在するエキソ型の酵素の影響を受けることなく、エンド型キチナーゼの活性を迅速に測定することができる。
用途利用分野 キチン分解酵素活性測定基質、糖鎖工学
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 徳安 健, 小野 裕嗣, 亀山 眞由美, 森 隆, 濱松 潮香, 林 清, . p-ニトロフェニル 2-アセチルアミノ-4-O-(2-アミノ-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシル)-2-デオキシ-β-D -グルコピラノシドおよびその塩並びにその製造法. 特開平10-330392. 1998-12-15
  • C07H  15/203    
  • C12P  19/26     

PAGE TOP