TOP > 技術シーズ検索 > 植物病害の防除剤及び防除方法

植物病害の防除剤及び防除方法

シーズコード S100000628
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 吉田 重信
  • 白田 昭
  • 塚本 貴敬
  • 村上 理都子
技術名称 植物病害の防除剤及び防除方法
技術概要 桑葉より単離した、バチルス・アミロリクエファシエンスに属し、植物病原菌の生育を抑制する物質を生産する微生物の培養産物を有効成分として含有する植物病害の防除剤である。微生物が、バチルス・アミロリクエファシエンスRC-2株である。植物病害は、炭疽病又は白紋羽病であり、特に桑の病害に有効である。この防除剤を植物病原菌の宿主となる植物又はその周辺土壌に散布又は塗布することにより植物病害を防除する。微生物を培養し、その培養産物を採取し、必要に応じて製剤化することにより製造できる。バチルス・アミロリクエファシエンスRC-2株は工業技術院生命工学技術研究所に受託番号FERM P-16641として寄託されている。RC-2株培養上清の各種糸状菌に対する生育抑制活性を調査した結果を表2に示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-054781.gif
研究分野
  • 微生物に対する農薬
  • 特用作物一般
展開可能なシーズ 各種植物病原糸状菌、とくに桑の糸状菌病害を安全に防除する手段を提供する。
この病害防除剤及び防除方法は、野外の桑葉より分離され、その葉面に一時的に付着あるいは内生していると考えられる微生物の代謝産物を利用するものであり、よって環境汚染の心配が少ない。また、大量にかつ安価に生産することが可能である。従って、産業上極めて有用である。
用途利用分野 殺菌剤、生物農薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長, . 吉田 重信, 白田 昭, 塚本 貴敬, 村上 理都子, . 植物病害の防除剤及び防除方法. 特開平11-246324. 1999-09-14
  • A01N  63/02     
  • C12N   1/20     
  • A01N  25/02     
  • C12R   1/07     

PAGE TOP