TOP > 技術シーズ検索 > 植物を矮性化させる方法

植物を矮性化させる方法

シーズコード S100000652
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 芦苅 基行
  • 吉村 淳
  • 矢野 昌裕
  • 松本 隆
  • 佐々木 卓治
  • 呉 健忠
  • 山本 公子
技術名称 植物を矮性化させる方法
技術概要 配列番号1のアミノ酸配列からなるタンパク質をコードするDNA、配列番号2の塩基配列からなるDNA、あるいは、配列番号2の塩基配列からなるDNAとストリンジェントな条件下でハイブリダイズするDNAであって、その発現が抑制されることによって植物の矮性化が誘導されるDNA、のいずれかのDNAの転写産物と相補的なアンチセンスRNAをコードするDNAを植物を矮性化するために用いる。DNAは、これらのDNAの転写産物を特異的に開裂するリボザイム活性を有するRNAをコードする。又、DNAは植物細胞における発現時に、共抑制効果により、これらのDNAの発現を抑制させるRNAをコードする。イネ第5染色体からマップベースクローニングの手法を利用してd1遺伝子の存在領域の絞り込みを行い、d1遺伝子を単離する。d1遺伝子のcDNAの塩基配列を配列番号2に、ゲノムDNAの塩基配列を配列番号3に、これら遺伝子がコードするタンパク質のアミノ酸配列を配列番号1に示す。矮性化の標的とするイネ以外の植物としては、コムギ、オオムギ、トウモロコシ、トマト、エンドウ、ダイズ等が挙げられる。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
展開可能なシーズ 植物の矮性に関与するd1遺伝子を単離し、d1遺伝子の発現を制御することにより植物を矮性化する方法およびd1遺伝子の発現を制御するための分子を提供する。
植物の矮性化に関与するイネd1遺伝子若しくは他の植物の相同遺伝子の発現を抑制することにより植物を矮性化させる方法が提供される。これにより、例えば、新たな新たな商品価値を有する観賞用植物や農作物を作出することが可能であり、特に農業や園芸の分野において有益である。
用途利用分野 矮性農作物、矮性観賞用植物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 芦苅 基行, 吉村 淳, 矢野 昌裕, 松本 隆, 佐々木 卓治, 呉 健忠, 山本 公子, . 植物を矮性化させる方法. 特開2000-004884. 2000-01-11
  • C12N 15/09    ZNA
  • A01H  5/00      
  • C12N  5/10      

PAGE TOP