TOP > 技術シーズ検索 > 高分子素材のドープ、高分子素材からなるマイクロビーズおよびそのビーズの製造方法

高分子素材のドープ、高分子素材からなるマイクロビーズおよびそのビーズの製造方法

シーズコード S100000657
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 塚田 益裕
  • グワンリン シェン
  • 白田 昭
技術名称 高分子素材のドープ、高分子素材からなるマイクロビーズおよびそのビーズの製造方法
技術概要 高分子素材のドープは高分子素材を溶解する働きを有する第一溶媒と高分子素材の分子の切断を防止する作用を有する第二溶媒との混合有機溶媒に高分子素材を溶解してなる。第一溶媒は、ジクロロ酢酸、またはトリクロロ酢酸であり、高分子素材の分子間の水素結合を切断しつつ、溶解に伴う高分子素材の分子量低下を抑え、かつ高分子素材の高分子性の低下を防止する。第二溶媒は、塩化メチレン、テトラクロロエチレン、クロロホルムから選ばれ、第一溶媒と相溶性があり、溶解処理に伴う高分子素材の分子量低下を抑えつつ、該高分子素材の溶解性を向上させる働きを有する。第一溶媒と第二溶媒との混合比率は、50-95:50-5v/v%である。高分子素材を溶解する際の溶解温度が、5-50℃であり、高分子素材の濃度が5-20v/v%である。高分子素材は絹フィブロイン、絹セリシン、化学修飾した羊毛ケラチン、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、ポリアクリルアミド、キチン、キトサン、プルラン、サッカロース、デキストリン、またはこれらの混合物である。このタンパク質マイクロビーズに、生理活性物質等の有効成分を封入し、その放出を制御できる。
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 製造工程とその装置
  • 蛋白質・ペプチド一般
展開可能なシーズ 粒径のバラツキが無く、微細なタンパク質のような高分子素材からなるマイクロビーズ、およびその有効な製造方法、ならびにそのビーズを製造するためのタンパク質のような高分子素材のドープを提供する。
特定の混合有機溶媒を所定の混合比率で用いて、分子量の低下を起こすこともなく溶解され有用な高分子素材のドープが提供される。このドープを細孔ノズルを通して凝固浴中に滴下することにより粒径の揃ったマイクロビーズが提供される。ドープに塩化ナトリウム等の中性塩を添加し、凝固後に溶出させれば、得られるビーズは多孔質状となる。この製造方法によれば、煩雑な調製作業や熟練を必要とせず、均一微細粒径のマイクロビーズを容易に製造できる。
用途利用分野 有用物質放出制御、バイオセパレーター担体、血漿浄化材担体
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長, . 塚田 益裕, グワンリン シェン, 白田 昭, . 高分子素材のドープ、高分子素材からなるマイクロビーズおよびそのビーズの製造方法. 特開2000-038514. 2000-02-08
  • C08L 101/00     
  • C08J   3/09     
  • C08J   3/12     
  • C08J   9/28     
  • C08L   5/00     
  • C08L  89/00     

PAGE TOP