TOP > 技術シーズ検索 > 修飾絹の製造方法

修飾絹の製造方法

シーズコード S100000663
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 玉田 靖
  • 古薗 勉
技術名称 修飾絹の製造方法
技術概要 絹素材を、絹と反応可能なイソシアネート基をもつ不飽和化合物と反応せしめて不飽和基を絹素材に導入する。そして、反応開始点の導入量をコントロールした後、このイソシアネート基に結合した不飽和基を開始点として、メタクリルアミド、2-ヒドロキシエチルメタクリレート、メタクリル酸、メタクリル酸メチル、メタクリル酸エチル、メタクリロイルオキシエチルフォスフェート、メタクリロイルオキシエチルフォスフォリルコリン、メタクリロイルオキシエチルスルホン酸、アクリル酸、アクリル酸メチル、アクリル酸エチル、アクリルアミド、N-イソピルアクリルアミド、および酢酸ビニルから選ばれるビニル化合物をグラフト重合して修飾絹を得る。イソシアネート基をもつ不飽和化合物はメタクリ8ロイルオキシエチルイソシアネートであることが好ましい。また、グラフト重合の開始剤としては、グラフト重合反応を厳密にコントロールするために、アゾイソブチルニトリルまたは2,2’-アゾビス(2-(2-イミダゾリン-2-イル)プロパン)ジハイドロクロライド等のアゾ系の開始剤が好ましい。
研究分野
  • 繊維改質
  • 医用素材
  • 養蚕一般
展開可能なシーズ グラフト重合鎖の導入をコントロールでき、再現性の高いグラフト重合加工を可能とする修飾絹の製造方法を提供する。
絹素材へのグラフト重合を厳密にコントロールでき、目的に応じて効率的にかつ効果的に絹素材を再現性よく修飾することができる。得られた修飾絹素材は、新しい性質を付与した絹として新規衣料用素材分野で、あるいは、抗血栓性や骨結合性を付与した絹として医療用素材分野、さらに他の広い産業分野で利用することができる。
用途利用分野 衣料用素材、人工腱、靱帯、おむつ、フィルター
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長, . 玉田 靖, 古薗 勉, . 修飾絹の製造方法. 特開2000-119964. 2000-04-25
  • D06M  14/06     

PAGE TOP