TOP > 技術シーズ検索 > 熱電変換装置

熱電変換装置

シーズコード S100000730
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 丹治 雍典
  • 森谷 信一
  • 新野 正之
  • 熊谷 達夫
  • 木皿 且人
技術名称 熱電変換装置
技術概要 第1、第2の金属セグメント41、42と、第3の金属セグメント43との何れかに、夫々両熱電変換素子31(第1、第2の熱電変換素子311、312)の各貫通孔35と同心軸上に、各固定ねじ34(第1、第2の固定ねじ341、342)を貫通する貫通孔35を形成する。他方、第3の金属セグメント43に、各固定ねじ34(第1、第2の固定ねじ341、342)の先端と螺合するねじ孔37を形成する。そして、これら互いに対向する第1、第3の金属セグメント41、43と、第2、第3の金属セグメント間42、43と、これらの間に夫々配置された第1、第2の熱電変換素子311、312を、夫々ドライバ溝を有する大径頭部を有する固定ねじ34(第1、第2の固定ねじ341、342)によって固定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-075116.gif
研究分野
  • 熱電発電,熱電子発電
  • 熱電デバイス
展開可能なシーズ 部品点数の減少を図ることができ、組み立ての簡易化により量産性、コストの低減化が可能な熱電変換装置を提供する。
固定ねじを、一方の金属セグメントの貫通孔と熱電変換素子の貫通孔を通じて、固定ねじの先端部を他方のセグメントのねじ孔に螺合させて、両金属セグメントと熱電変換素子とを結合することにより、効率の高い熱電変換を可能にする。
用途利用分野 π型熱電変換装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構, . 丹治 雍典, 森谷 信一, 新野 正之, 熊谷 達夫, 木皿 且人, . 熱電変換装置. .
  • H01L  35/32     
  • H01L  35/06     

PAGE TOP