TOP > 技術シーズ検索 > チゼルプラウ・施肥・播種装置

チゼルプラウ・施肥・播種装置

シーズコード S990001709
掲載日 2000年6月1日
研究者
  • 大下 泰生
研究者所属機関
  • 独立行政法人 農業技術研究機構 北海道農業研究所センター
研究機関
  • 独立行政法人 農業技術研究機構 北海道農業研究所センター
技術名称 チゼルプラウ・施肥・播種装置
技術概要 本装置は水田を耕起するためのチゼルプラウに施肥装置、播種装置、及び砕土装置を装着し、1工程で耕起・施肥・播種を同時に行なうトラクタ装着式の農用作業機である。チゼルプラウはのみ(鑿)のような爪で土を掘り起こして耕起するための土塊が粗いものの、大土塊と小土塊が組み合わさって土壌中の空隙が維持され通気性と排水性が高い。施肥装置と播種装置は耕起後の土壌表面に肥料と種子を散布し、さらに機体後方に取り付けられ砕土装置は表層の大土塊を破砕し、砕けた土壌が種子の覆土となる。本装置は低水分から高水分の土壌まで作業が可能であり、また播種後の仕上がり状態も変化が少なく、高速・高能率でしかも湿潤で、かつ凍結した土壌条件でも使える土壌適応範囲の広い作業装置である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S990001709_01SUM.gif S990001709_02SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 ロータリ耕うん作業機は回転爪により耕起・砕土を行なうため砕土性が良いものの、湿潤な条件では土を練り返して砕土性が低下し、作業速度もチゼルプラウに劣る。
研究分野
  • 圃場作業用機械
  • 稲作
展開可能なシーズ 湿潤な土壌条件でも施肥、播種できる
用途利用分野 麦類、特に寒地(北海道等)の根雪前や融雪後の播種作業。
研究の進捗状況 企業化試験段階。作業幅2mの試作機を開発し、作業速度2m/秒、作業能率12分/10aの性能を得た。平成10年現在。
関連発表論文 (1)湯川智行, 大下泰生, 粟崎弘利, 渡辺治郎, 平岡博幸. 北海道における乾田直播水稲の播種条件と播種量増減の目安. 農作業研究. vol.34,no.3,1999,p.185-190.
(2)平岡博幸, 大下泰生, 湯川智行, 粟崎弘利, 渡辺治郎. 播種装置付チゼルプラウを用いた春播小麦の根雪前簡易耕起・播種技術 (農林水産省農業研究センターS). 研究成果情報 総合農業. vol.1996,1997,p.335-336.
(3)平岡博幸, 大下泰生, 湯川智行, 粟崎弘利, 渡辺治郎. 春播小麦の根雪前簡易耕起・播種技術 (農林水産省北海道農業試験場S). 研究成果情報 北海道農業. vol.1996,1997,p.2-3.
(4)大下泰生. 特集 新しい技術で経営強化 水稲苗の長期貯蔵 コスト低下,労力分散に. 機械化農業. no.2912,1994,p.27-30.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 平岡 博幸, 大下 泰生, 湯川 智行, 栗崎 弘利, 渡辺 治郎, 菅野 輝雄, 竹下 定男, . チゼルプラウ・施肥・播種装置. 特開平10-286003. 1998-10-27
  • A01B  49/06     
  • A01C   7/20     

PAGE TOP