TOP > 技術シーズ検索 > チゼルプラウ・施肥・播種装置

チゼルプラウ・施肥・播種装置

シーズコード S100000899
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 平岡 博幸
  • 大下 泰生
  • 湯川 智行
  • 栗崎 弘利
  • 渡辺 治郎
  • 菅野 輝雄
  • 竹下 定男
技術名称 チゼルプラウ・施肥・播種装置
技術概要 所定幅にわたって圃場に施肥する施肥機構7と、所定幅にわたって圃場に播種する播種機構8とを前後に有する施肥・播種装置2である。そして、この施肥機構及び播種機構のそれぞれ下方前側に圃場を耕うんする多数のチゼル爪10,11を配設し、これらチゼル爪の後方に播種機構から繰り出される種子を分散して圃場に散播する種子分散板20を設け、この種子分散板の後方にチゼル爪により耕うんされた土壌表面を砕土すると共に、種子と土壌を混和し覆土する砕土・覆土ローラ23を設ける。多数のチゼル爪により圃場を簡易耕起し、施肥機構により肥料を所定量繰り出し地表面に散布・施用し、施肥機構後方の播種機構により種子を所定量繰り出して種子分散板により均-に分散して地表面に散播し、播種機構の後方に配置された砕土・覆土ローラにより表層の土塊を砕土すると共に、砕かれた土と種子を混和して覆土する一連の作業を、一行程で、しかも高速で行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-097629.gif
研究分野
  • 圃場作業用機械
  • 農業土木
展開可能なシーズ 湿潤な土壌条件でも小麦の播種に適した耕うん・砕土性と覆土を行うことができるチゼルプラウ・施肥・播種装置を提供する。
根雪前のような湿潤な土壌条件においても高能率に耕うん・施肥・播種作業を行うことができる。従って、慣行の春播種方法に比べて収量や品質が向上することが明らかな春播き小麦の根雪前播種を行うことができる。
用途利用分野 チゼルプラウ・施肥・播種装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 平岡 博幸, 大下 泰生, 湯川 智行, 栗崎 弘利, 渡辺 治郎, 菅野 輝雄, 竹下 定男, . チゼルプラウ・施肥・播種装置. 特開平10-286003. 1998-10-27
  • A01B  49/06     
  • A01C   7/20     

PAGE TOP