TOP > 技術シーズ検索 > 金属錯体、抗菌材、抗菌性物品、及び該物品の製造方法

金属錯体、抗菌材、抗菌性物品、及び該物品の製造方法

シーズコード S100000937
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 塚田 益裕
  • 新居 孝之
  • 白田 昭
技術名称 金属錯体、抗菌材、抗菌性物品、及び該物品の製造方法
技術概要 式(I)(式中、Mは、鉄イオン、銅イオン、又はコバルトイオンであり、Rは、低級アルキル基置換カルバモイル基、又はアミノ基である。)で表される、分子内に金属イオンと配位可能な配位基を有する配位化合物である金属錯体である。この金属錯体からなる抗菌材及び抗菌性薄膜を繊維、プラスチック、木材、紙、金属、ガラス等の表面に有するブレオマイシンモデルの抗菌性物品である。金属錯体の中でも、鉄イオンは特に効果的な抗菌作用を示す。式(Ⅱ)の化合物を錯化剤で処理して、式(I)の分子内に金属イオンと配位可能な配位基を有する配位化合物である金属錯体を得、次いでこの金属錯体の水溶液を調製し、その際必要に応じてpHを5-10に調整して水溶液を調製し、この水溶液中に被処理物品を浸漬し、又はこの水溶液を被処理物品に対してスプレーし、物品を金属錯体の薄膜で被覆せしめて抗菌性物品を得る。更に、この金属錯体薄膜に貧溶媒を作用させて金属錯体を水不溶化すると持続性に優れた抗菌性物品が得られる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-260267_1.gif thum_1998-260267_2.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
  • 配位化合物一般
展開可能なシーズ 抗菌性金属の含有量が少量であっても優れた抗菌性を有する抗菌材、耐久性に優れた、抗菌性の付与された物品、及び抗菌性物品の製造方法を提供する。
この金属錯体は、優れた抗菌性を有し、有効成分が物品表面に極薄く被覆され、持続性が高くかつ安定性に富んだ抗菌性物品が調製できる。抗菌性成分は物品表面に強固に付着しているので、処理された物品に人が触れても抗菌性成分が脱離しない。鉄二価錯体は鉄三価錯体より優れた抗菌力を持つ。金属イオンの溶出がなく、また金属イオンの徐放速度の制御が可能となり、生体系や環境系を汚染する危険性がない。
用途利用分野 抗菌性物品、抗菌材
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所長, . 塚田 益裕, 新居 孝之, 白田 昭, . 金属錯体、抗菌材、抗菌性物品、及び該物品の製造方法. 特開2000-086668. 2000-03-28
  • C07F   1/08     
  • A01N  59/16     
  • A01N  59/20     
  • A61L   2/16     
  • C07F  15/02     

PAGE TOP