TOP > 技術シーズ検索 > 潜行板付きトロール網

潜行板付きトロール網

シーズコード S100000943
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 大関 芳沖
  • 松田 皎
  • 胡 夫祥
技術名称 潜行板付きトロール網
技術概要 潜行板付きトロール網1は、垂直翼21とその両側に張り出させた水平翼22とからなり、水平翼は上方に湾曲させた断面を有し、両水平翼は翼面と水平面とのなす角度がそれぞれ等しくなるように接合してある湾曲型潜行板2を、あらかじめ設定した迎角に相当する角度を保持して、トロール網の網口フレーム3の左右略中央部に取り付けた側板6から略等しい長さの左右2本づつの吊り索4で網口フレームの下方に吊り下げてある。網口フレームの上方にトロール網全体の水中重量をゼロに近づけるための浮子7を付けてある。好ましくは、縦横比6.0、反り比15%、上反角20度に形成した湾曲型潜行板2を、迎角20度を保持するように吊り下げる。潜行力特性のすぐれた湾曲型潜行板を吊り索でトロール網の網口フレームの下方に一定迎角を保持するように取り付けてあるので、曳網船速が変化しても湾曲型潜行板は失速することなく、最大潜行力を維持することができ、操業時に安定的な水深を得ることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-292973.gif
研究分野
  • 漁獲法
  • 漁労装置,漁具
展開可能なシーズ 小型浮魚類の稚仔魚を高速で定量的に採集するのに適したトロール網装置を提供する。
曳網索の長さをコントロールするだけで、船速や海況の変化に関係なく、常に潜行板が最大潜行力を発揮しながら、一定水深を高速曳網でき、目的水深において漁獲対象魚種の稚魚のサンプルを高速走行状態下で採集することができる。
用途利用分野 トロール網
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人水産研究・教育機構, . 大関 芳沖, 松田 皎, 胡 夫祥, . 潜行板付きトロール網. 特開2000-102333. 2000-04-11
  • A01K  73/02     

PAGE TOP