TOP > 技術シーズ検索 > プラスミド

プラスミド

シーズコード S100000952
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 中村 睦
  • 日野 常男
技術名称 プラスミド
技術概要 式の制限酵素地図を有する3904bpのプラスミドであって、ストレプトコッカス・ボビス由来の自己複製配列を含む。このプラスミドは、配列番号1の塩基配列からなるDNA、又は配列番号1の塩基配列からなるDNAとストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ自己複製をすることができるDNAを含む。このプラスミドは、ルーメン内で多種類の可溶性糖類やデンプン、ペクチン、タンパク質などを分解する細菌、ストレプトコッカス・ボビス(Streptococcus bovis)より分離されたものであり、大腸菌内で複製することができる任意の配列とこのプラスミドとを結合させることにより、大腸菌内での自己複製が可能である。このプラスミドに外来遺伝子を挿入し、大腸菌を形質転換させて大量の組み換えプラスミドを得、組み換えプラスミドを用いてストレプトコッカス・ボビスを宿主菌として有用物質を産生可能となる。このプラスミドを含む大腸菌は、工業技術院生命工学工業技術研究所に、FERM P-17008あるいはFERM P-17009として寄託されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-347017.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 微生物の接種・培養法
展開可能なシーズ ルーメン微生物内で増殖できるプラスミドを提供する。
ルーメン微生物内で増殖できるプラスミドが提供される。このプラスミドは、ストレプトコッカス・ボビスと大腸菌とのシャトルベクターとして利用できる点で有用である。
用途利用分野 ルーメン微生物開発
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 中村 睦, 日野 常男, . プラスミド. 特開2000-166558. 2000-06-20
  • C12N  15/09     
  • C12R   1/46     

PAGE TOP