TOP > 技術シーズ検索 > 植物由来のエポキシド水解酵素をコードするcDNAを含むプラスミドベクターおよび形質転換体

植物由来のエポキシド水解酵素をコードするcDNAを含むプラスミドベクターおよび形質転換体

シーズコード S100000967
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 荒平 正緒美
  • 深澤 親房
技術名称 植物由来のエポキシド水解酵素をコードするcDNAを含むプラスミドベクターおよび形質転換体
技術概要 プライマーとしてatatacatat ggagcaaata aagcacagaa ca(配列番号1)およびggttgaattc gtttttggac aagatcagaa cttc(配列番号2)のオリゴヌクレオチドを、鋳型としてダイズ種子由来のエポキシド水解酵素cDNAを用いたポリメラーゼ連鎖反応により増幅されたDNA産物を、発現用プラスミドにサブクローニングすることによって得られるプラスミドベクターである。このプラスミドベクターを保有する形質転換体(FERM BPー6624)である。ダイズ種子由来のエポキシド水解酵素の発現系が提供される。ダイズ種子由来のエポキシド水解酵素を精製し、そのアミノ酸配列をもとにして、エポキシド水解酵素のcDNAおよび遺伝子のクローニングを試み、酵素のcDNAおよび遺伝子の全構造を解明し、それらを利用した大腸菌での発現系を構築する。
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 豆類
展開可能なシーズ ダイズ種子由来のエポキシド水解酵素cDNAを含むプラスミドベクターおよび形質転換体を提供する。
ダイズ種子由来のエポキシド水解酵素をコードするcDNAを有するプラスミドベクターおよびそれを保有する形質転換体が提供され、この形質転換体は、エポキシド水解酵素をコードする遺伝子の機能を簡便に評価するための微生物における発現系として有効に利用できる。また、この発現系を用いることにより、重要な生体防御機能を果たすエポキシド水解酵素を容易に開発することができ、食用植物への応用が期待される。
用途利用分野 遺伝子組み換え作物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 荒平 正緒美, 深澤 親房, . 植物由来のエポキシド水解酵素をコードするcDNAを含むプラスミドベクターおよび形質転換体. 特開2000-228983. 2000-08-22
  • C12N  15/09     
  • C12N  1/21      
  • C12N  9/14      
  • C12R  1:91
  • C12N  1/21      
  • C12R  1:19
  • C12N  9/14      

PAGE TOP