TOP > 技術シーズ検索 > 作物個体別追肥方法及び装置

作物個体別追肥方法及び装置

シーズコード S100000972
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 石田 茂樹
  • 豊田 政一
  • 増田 欣也
技術名称 作物個体別追肥方法及び装置
技術概要 トラクタ2の前側に、トラクタ2の走行と共に作物列を上方から撮影するカラービデオカメラ3を取付けている。また、トラクタ2には、ビデオカメラ3からのカラー映像を画像処理して、個体作物別の葉面積を計測する画像処理用コンピュータ4と、個体作物別の葉面積情報に基づいて追肥機構6に制御信号を発して個体作物別に施肥を行うる追肥機構制御用コンピュータ5とを設けている。そして、圃場に栽培されている作物の生育状態をカメラ3により撮影し、この撮影した映像を画像処理して作物の位置情報と葉面積情報を得て個体作物の生育状況を把握し、それぞれの個体作物の生育状況に応じて追肥機構6を作動させて個体作物毎に施肥量を制御して追肥を行う。また、列状に栽培されている作物の各個体の生育状態をカメラにより撮影し、この撮影した映像を画像処理して作物の位置情報と葉面積情報を得て各個体作物の生育状況を把握し、それぞれの個体作物の生育状況に応じて追肥機構に指令を発して追肥量を制御し、以後の作物の生育コントロールを行って作物全体の生育をほぼ平均化させ、一斉収穫を可能にする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-058843.gif
研究分野
  • 圃場作業用機械
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 圃場での作物生育情報を基に、局所的あるいは作物個体毎に生育を調節することにより、それぞれの個体に応じて追肥を行って作物全体の生育をほぼ平均化させるようにした作物個体別追肥方法及び装置を提供する。
列状に栽培されている作物の各個体の生育初期における生育状況を把握し、それぞれの個体作物の生育状況に応じて追肥機構からの追肥量を変えて追肥を行うことができる。その結果、以後の作物全体の生育がほぼ平均化され、収穫時に一斉機械収穫を行うことができ、畑作物における播種から収穫までの機械化一貫作業体系を確立することができる。
用途利用分野 大規模畑作地帯
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 石田 茂樹, 豊田 政一, 増田 欣也, . 作物個体別追肥方法及び装置. 特開2000-279030. 2000-10-10
  • A01C 21/00      
  • A01G   7/00     

PAGE TOP