TOP > 技術シーズ検索 > トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途

トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途

シーズコード S100000995
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 竹中 真紀子
  • 小野 裕嗣
  • 永田 忠博
  • 亀山 眞由美
  • イェン シャオジュン
技術名称 トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途
技術概要 式(I)(式中、Rは、式(Ⅱ)で表わされるものである。)で表わされるトリカフェオイルアルダル酸、及びこれからなる抗酸化剤である。トリカフェオイルアルダル酸は、ヤーコンから、水及び/又は親水性有機溶媒を用いて溶媒抽出した後、固相抽出して製造する。ヤーコンは、通常、抽出効率を高めるため、細かく粉砕しておき、これを水及び/又はアルコール等の親水性有機溶媒を用いて溶媒抽出すれば良い。溶媒抽出によって抽出された抽出液中の目的物質を含む成分について、酵素的褐変を抑えながら、疎水基の疎水性相互作用などを利用したオクタデシル化シリカゲル(ODS)等の固相抽出によって迅速に分離精製する。トリカフェオイルアルダル酸は、強い抗酸化性を有しており、例えば食品用抗酸化剤として知られているBHA(3-t-ブチル-4-ヒドロキシアニソール)と比較して、モル比で3.6倍の活性が認められる。しかも、食用とされているヤーコンの塊根などから得られるため、安全性の点でも問題がない。トリカフェオイルアルダル酸を食品に添加することにより、食品中の油脂などの酸化が抑制される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-191823_1.gif thum_1999-191823_2.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 抽出
  • 有機化学反応一般
展開可能なシーズ 食品用の抗酸化剤などとして有用なアルダル酸誘導体であるトリカフェオイルアルダル酸と、その製造法と、その用途とを提供する。
トリカフェオイルアルダル酸を食品に添加することにより、食品中の油脂類に含まれる不飽和脂肪酸の酸化などが抑制される。また、その食品摂取後は、体内で何らかの抗酸化性を発揮することが期待される。トリカフェオイルアルダル酸のより効率的な製造法が提供され、溶媒抽出液を固相抽出用のカラムに直接流すことで、褐変酵素を迅速に除去することができ、分離操作の時間を短縮することができる。また、抽出時にアスコルビン酸を添加することで、酵素的褐変を抑えることができ、収率を大幅に向上できる。
用途利用分野 食品用抗酸化剤、医薬原料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 竹中 真紀子, 小野 裕嗣, 永田 忠博, 亀山 眞由美, イェン シャオジュン, . トリカフェオイルアルダル酸、その製造法及びその用途. 特開2001-019664. 2001-01-23
  • C07C  69/732    
  • C07C  67/58     
  • C09K  15/08     

PAGE TOP