TOP > 技術シーズ検索 > 偏波可変フェーズドアレーアンテナ

偏波可変フェーズドアレーアンテナ

シーズコード S990003260
掲載日 2000年12月28日
研究者
  • 田中 正人
研究者所属機関
  • 独立行政法人 通信総合研究所
研究機関
  • 独立行政法人 通信総合研究所
技術名称 偏波可変フェーズドアレーアンテナ
技術概要 本技術は、左右両円偏波を送受信でき、例えば左旋円偏波区域と右旋円偏波区域の間を移動しても両偏波に対応できるフェーズドアレーアンテナに関する。すなわち、フェーズドアレーは通常、素子アンテナと移相器と合成器から構成されているが、これ以外にスイッチ等の能動デバイスやもう1セットの移相器・合成器を付加することなく、左旋円偏波と右旋円偏波の両方のビームを走査できるフェーズドアレーアンテナを提供する。具体的には、直線偏波の素子アンテナを用いたアレーアンテナで各素子アンテナをボアサイト軸の回りにp(n-1)π/Nラジアンの回転(Nは全素子数、nは素子番号、pは1≦p≦N-1の整数)を与えて配置し、各素子アンテナに移相器を取り付けて、フェーズドアレーアンテナの基本構成とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

S990003260_01SUM.gif
従来技術、競合技術の概要 従来、左右両円偏波を利用するシステムでは通常両円偏波に対応する2組のフェーズドアレーアンテナが必要となる。または、1組のアレーアンテナに右旋円偏波と左旋円偏波用の2組の移相器が必要となり、1台のフェーズドアレーによる場合に比べてコスト、重量、容積が約2倍になり、非効率になる問題があった。
研究分野
  • アンテナ
  • 移動通信
  • 宇宙通信
展開可能なシーズ (1)スイッチ等の余分な能動素子を付加することなく左旋円偏波と右旋円偏波の両方の偏波ビームを走査できる
(2)左旋円偏波に対するNull、右旋円偏波に対するNullも走査できる
用途利用分野 構内無線LAN通信用のフェーズドアレーアンテナ
日本と韓国両国の衛星放送受信用フェーズドアレーアンテナ
左右両円偏波を利用するレーダ用フェーズドアレーアンテナ
関連発表論文 (1)田中正人. 偏波可変フェーズドアレー. 電子情報通信学会技術研究報告. vol.99,no.43,1999,p.41-47.
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人情報通信研究機構, . 田中 正人, . 偏波可変フェーズドアレーアンテナ. 特開平11-234037. 1999-08-27
  • H01Q  21/24     
  • H01Q   3/30     
  • H01Q  21/06     

PAGE TOP