TOP > 技術シーズ検索 > ニジマスガレクチン遺伝子

ニジマスガレクチン遺伝子

シーズコード S100000999
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 中西 照幸
  • 乙竹 充
技術名称 ニジマスガレクチン遺伝子
技術概要 組換えタンパク質は、配列番号2のアミノ酸配列からなるタンパク質、又は配列番号2のアミノ酸配列において1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつガレクチン活性を有するタンパク質である。このタンパク質をコードする遺伝子、DNA(配列番号1)、RNA、遺伝子を含有する組換えベクター、組換えベクターを含む形質転換体も含まれる。ガレクチンは、形質転換体を培養し、得られる培養物からガレクチンを採取して製造する。tccatgtgaa tttgcagtgt ggt(配列番号6)及びcaactccact ttcccatcgg c(配列番号7)の塩基配列を有するプライマーを用いて増幅される断片であって、配列番号1のニジマスガレクチンcDNAのうちニジマスガレクチンのN末端側をコードする299bpの断片をニジマスガレクチンの検出用試薬として用いる。ニジマス頭腎cDNAライブラリーから、ガレクチン遺伝子を単離する。図1は、ニジマスガレクチンのアミノ酸配列(配列番号2)と公知のガレクチンファミリーのアミノ酸配列との相同性を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-247204.gif
研究分野
  • 分子遺伝学一般
  • 動物病一般
  • 魚類
展開可能なシーズ ニジマスガレクチン、及びガレクチンをコードする遺伝子を提供する。
ニジマスガレクチン、ガレクチンをコードする遺伝子が提供される。この遺伝子は、魚類免疫機構を解明するための研究用試薬又は魚病の診断用試薬として有用である。
用途利用分野 魚病診断用試薬、魚病制御剤、免疫機構研究用試薬
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人水産研究・教育機構, . 中西 照幸, 乙竹 充, . ニジマスガレクチン遺伝子. 特開2001-069976. 2001-03-21
  • C12N 15/09    ZNA
  • C07K 14/435     
  • C12N  1/15      
  • C12N  1/19      
  • C12N  1/21      
  • C12N  5/10      
  • C12P 21/02      
  • C12Q  1/68      
  • G01N 33/53      
  • G01N 33/566     

PAGE TOP