TOP > 技術シーズ検索 > バイオセンサー

バイオセンサー

シーズコード S100001001
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 玉田 靖
技術名称 バイオセンサー
技術概要 バイオセンサーは、支持体、この支持体上に固定化された刺激応答性ハイドロゲル、並びにその刺激応答性ハイドロゲルにより固定化された、感覚組織由来の生体分子及び膜電位を他のシグナルに変換し得るトランスデューサーを含むリポソームを含む構成である。この場合の支持体は、好ましくは透明支持体、より好ましくは光ファイバーである。また、刺激応答性ハイドロゲルは、好ましくは水素イオン濃度又は温度に応答して相転移するものであり、より好ましくはN-イソプロピルアクリルアミド重合物である。ここで、感覚組織は昆虫由来のものであることが好ましく、また、嗅覚組織又は味覚組織であることが好ましい。さらに、感覚組織由来の生体分子は感覚組織抽出物であることが好ましく、このような感覚組織抽出物は、好ましくは感覚組織を界面活性剤を含む緩衝液で抽出することにより得られる抽出液である。そして、トランスデューサーは膜電位感受性蛍光色素であることが好ましい。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-268649.gif
研究分野
  • 分析機器
展開可能なシーズ 優れた生体感覚機能を利用でき、かつ高感度であるバイオセンサーを提供する。
生体のもつ嗅覚、味覚などの特異で多様な感覚機能を検知することが可能となる。また、このバイオセンサーは、その製造が簡便であり、さらに、pHや温度という物理刺激に対する相転移を利用して、センサー端子を簡便に交換することができるので、経済的にも優れている。
用途利用分野 生体感覚機能、高感度
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 玉田 靖, . バイオセンサー. 特開2001-091491. 2001-04-06
  • G01N  27/327    
  • G01N  27/333    

PAGE TOP