TOP > 技術シーズ検索 > 畜舎汚水の前処理方法及び浄化装置

畜舎汚水の前処理方法及び浄化装置

シーズコード S100001010
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 鈴木 一好
  • 田中 康男
技術名称 畜舎汚水の前処理方法及び浄化装置
技術概要 畜舎汚水の嫌気性処理と好気性処理において、嫌気性処理の処理液の一部を曝気したのちに畜舎汚水と混合することにより畜舎汚水中の溶解性リンを不溶化させて除去する畜舎汚水の前処理方法である。畜舎汚水の浄化装置は、畜舎汚水1を前処理する前処理装置2と、この前処理装置2で前処理を行った畜舎汚水3を嫌気性又は好気性処理する嫌気性処理装置4又は好気性処理装置9と、処理装置4、9で処理した処理液5、10の一部を曝気する曝気装置6、11とを備え、曝気装置で曝気した嫌気性処理の処理水7、12を前処理装置2に還流して畜舎汚水1と混合することにより畜舎汚水中の溶解性リンを不溶化させて除去8する。嫌気性処理あるいは好気性処理の処理液は曝気処理することにより水中の炭酸か追い出され、pHが上昇する。畜舎汚水は高pHの曝気処理水と混合されることによりpHが上昇し、さらに周囲に十分量のマグネシウム及びカルシウムが存在するため、畜舎汚水中に含まれる可溶性のリン酸イオンはMAPやリン酸カルシウムなどの不溶性のリン酸塩となり、沈澱除去できる。図1と図2はそれぞれ嫌気性と好気性処理による浄化装置の概略図である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1999-369753_1.gif thum_1999-369753_2.gif
研究分野
  • 下水・廃水処理施設
  • 下水,廃水の化学的処理
展開可能なシーズ 畜舎汚水の浄化における汚水の前処理方法、及びこの前処理方法を実施するための浄化装置を提供する。
試薬を使わず、また悪臭対策を講ずることなく畜舎汚水中の可溶性リンを不溶化させ除去することができ、これを前処理槽にて実施することにより嫌気性処理装置あるいは好気性処理装置内外でのスケール付着に伴うトラブルを回避できる。さらには最終処理水中のリンの濃度を低減させることかできる。
用途利用分野 畜舎汚水処理
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 鈴木 一好, 田中 康男, . 畜舎汚水の前処理方法及び浄化装置. 特開2001-179291. 2001-07-03
  • C02F   3/28     
  • C02F   3/12     

PAGE TOP