TOP > 技術シーズ検索 > 撹拌曝気装置

撹拌曝気装置

シーズコード S100001076
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 奥山 武彦
  • 小綿 寿志
技術名称 撹拌曝気装置
技術概要 挿入口13から処理槽12内に挿入され槽内の処理液を撹拌するとともに曝気を行う撹拌曝気装置10である。上下が開口され処理液内に浸漬可能な筒体22と、この筒体内に回転可能に配置され外部からの回転駆動力により処理液を撹拌しながら送り出す螺旋羽根25とを設けるとともに、この筒体22の一方の開口部近傍には、外部から送り込まれるエアを筒体内に導くエア供給口30を設け、筒体が固定されたシャーシ21と、このシャーシ21を筒体の軸方向に進退動可能に支持する架台43と、この架台を挿入口縁で揺動可能に支持する基台41と、両端がそれぞれ基台と架台とに枢着されるとともに伸縮して架台を所望の角度に傾斜させて支持する支持アーム44とを備えて構成される。架台43には、上端から突出してシャーシの移動距離を延長し筒体を処理液上方に引き上げ可能な延長部が設けられている。シャーシと架台との間には転動部材50を介在させるとともに、一端がシャーシに連結されたロープを巻き取り可能な巻き取り機を設ける。シャーシの上部には、螺旋羽根の回転軸に減速機を介して連結されるモータを取り付ける。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2001-300799.gif
研究分野
  • 下水・廃水処理施設
展開可能なシーズ 処理槽内の処理液を撹拌するとともに曝気処理する撹拌曝気装置を提供する。
この撹拌曝気装置は、装置を小型軽量化して低動力で効率的に撹拌曝気処理を行うことができ、自然エネルギー等の低エネルギーを利用することができる。
用途利用分野 肥料用家畜糞尿処理
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業工学研究所, . 奥山 武彦, 小綿 寿志, . 撹拌曝気装置. 特開2003-103290. 2003-04-08
  • C02F   3/20     
  • C02F  11/00     
  • C02F  11/02     

PAGE TOP