TOP > 技術シーズ検索 > 円筒形ハイドロホン

円筒形ハイドロホン

シーズコード S100001127
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 三上 宏幸
技術名称 円筒形ハイドロホン
技術概要 2個の円筒受感部を備えるため、軽量で硬質のポリ塩化ビニル円筒基盤17aの内周面に高分子圧電材(PVDF)18bを,外周面に高分子圧電材18aを装着し、また、同様に円筒基盤17bの内周面に高分子圧電材18d、18cをそれぞれ装着して円筒受感部とする。そして、それらの円筒受感部をその対向する一端で軽金属製の環状ベース20に装着し、それらを包囲する籠形のケース21に挿入して、同ケース21と環状ベース20と円筒受感部を含めた質量中心点をネジ23a,23bで締結させる。ケース21を音響透過の良好なる発砲体19でブーツ10内に保持し、ケース21及びブーツ10内に充填した充填液11を音響媒体として、ブーツ10外からの音波を高分子圧電材18a,18b,18c,18dに伝達する。音波によって生じた機械的ひずみが電気的出力に変換され、ケーブル13を介して送出される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-008629.gif
研究分野
  • 水中音響応用
  • 圧電デバイス
展開可能なシーズ 軽量で堅牢な受波感度周波数特性の良好な広帯域加速度抑制形とする円筒形PVDFハイドロホンを実現すると共に、経済性に効果があるほか、軽量化による利便性の向上を図る。
軽量で硬質のポリ塩化ビニル円筒基盤を補強材とし、その内周面と外周面上に電気音響変換素子として、軽量で可撓性を有するシート状の高分子圧電材を装着したので、加速度感度の低減及び受波感度を向上させ、それによってS/Nを向上させることができる。
用途利用分野 えい航式パッシブソーナー用受波器、可変深度ソーナー用受波器、ソーナー試験用受波器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 防衛装備庁長官, . 三上 宏幸, . 円筒形ハイドロホン. 特開平10-210589. 1998-08-07
  • H04R  1/44    330
  • G01S  3/801     
  • G01S  7/521     
  • H04R 17/00    330

PAGE TOP