TOP > 技術シーズ検索 > 活性化・不活性化装置制御システム

活性化・不活性化装置制御システム

シーズコード S100001143
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 船田 吉丸
  • 日高 慶記
技術名称 活性化・不活性化装置制御システム
技術概要 今、活性化・不活性化装置4と指令器3間の電波伝搬路が不通であり、活性化・不活性化装置11と指令器3間が通信可能とする。また、指令器と各活性化・不活性化装置との間は同一の周波数f1を使用するものとする。このような状況において、指令器3は周波数f1の電波を使用して通信可能な活性化・不活性化装置11を制御する。この時、活性化・不活性化装置11はデータ送受信機5から出力された伝送データをコンピュータ6に入力し一旦格納する。コンピュータ6は、指令器3と活性化・不活性化装置4間の電波伝搬路が不通と判断すると、両者の間の伝送データを中継することをデータ送受信機5を経て指令器3に通知する。次に、指令器3から伝送データが送られると、データ送受信機5で受信された後、コンピュータ6はこの伝送データを一旦内蔵メモリに格納する。次にこの伝送データが読み出され、データ送受信機5を経て、指令器との間で通信不能な活性化・不活性化装置4に送信される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1998-220478.gif
研究分野
  • 通信網
展開可能なシーズ 指令器のサービスエリア内の活性化・不活性化装置を高い信頼性で制御可能にする。
指令器と所定の活性化・不活性化装置との間の電波伝搬路の通信状態が不通である時、他の活性化・不活性化装置が中継し、指令器と所定の活性化・不活性化装置との間の通信を確立することにより、例え電波障害があっても指令器と当該活性化・不活性化装置との間の交信を可能とする。
用途利用分野 ネットワーク型活性化・不活性化装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 防衛装備庁長官, 三菱プレシジョン株式会社, . 船田 吉丸, 日高 慶記, . 活性化・不活性化装置制御システム. 特開2000-059280. 2000-02-25
  • H04B  7/15      
  • G08B 25/00    520
  • G08B 25/10      
  • H04B  7/26      

PAGE TOP