TOP > 技術シーズ検索 > プラスチック混合廃棄物の処理方法

プラスチック混合廃棄物の処理方法

シーズコード S100001291
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 奥脇 昭嗣
  • 吉岡 敏明
  • 申 宣明
  • 内田 美穂
技術名称 プラスチック混合廃棄物の処理方法
技術概要 含塩素系樹脂が混合され、破砕されたプラスチック混合廃棄物と35~50重量%の濃度の水酸化ナトリウム水溶液とを、プラスチック混合廃棄物が水酸化ナトリウム水溶液に浸漬された状態で反応容器内に収容し、これを250~310℃に加熱して、塩素および可塑剤を脱離し、水酸化ナトリウム水溶液に高純度の炭化水素を生成、浮遊させて、プラスチック混合廃棄物を処理する。破砕されたプラスチック混合廃棄物は、最大長さが5~15mmとし、水酸化ナトリウム水溶液に対するプラスチック混合廃棄物の比は、1~8重量%とする。反応容器自体の振とうまたは回転、あるいは攪拌装置等により、反応容器内の破砕プラスチックとアルカリ性溶液との接触機会を増大させることが好ましい。また、反応容器内雰囲気として、不活性ガス雰囲気とすることが安全上好ましい。脱離したフタル酸は、フタル酸ナトリウム塩やフタル酸カリウム塩として回収できる。フタル酸塩は、所望の化学原料として再利用することができる。塩素系樹脂からの脱塩素は、200℃以上で進行するので、反応温度としては、200℃以上であることが好ましい。
研究分野
  • 高分子材料一般
  • 産業廃棄物処理
展開可能なシーズ 前処理をほとんど必要とせず、環境汚染物質を排出することなく、プラスチック混合廃棄物を処理し、高純度炭化水素を回収して再資源化するための処理方法を提供する。
この処理方法では、前処理としてプラスチック混合廃棄物を破砕するだけでよく、アルカリ性溶液との接触反応によって、含塩素系樹脂から塩素および含塩素系樹脂に含まれ得る可塑剤の分解によるフタル酸を、アルカリ性溶液中に完全に抽出することができ、高純度の炭化水素を得ることができる。同時に、ペット材をも完全に分解処理することができる上、分解生成物を化学原料や原燃料として再利用に供することができる。
用途利用分野 プラスチック混合廃棄物処理、プラスチツク再利用
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東北大学, . 奥脇 昭嗣, 吉岡 敏明, 申 宣明, 内田 美穂, . プラスチック混合廃棄物の処理方法. 特開2000-239435. 2000-09-05
  • C08J  11/16     
  • B09B   3/00     

PAGE TOP