TOP > 技術シーズ検索 > 飼料用マイクロカプセル

飼料用マイクロカプセル

シーズコード S100001498
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 幡手 泰雄
  • 河野 恵宣
  • 塩盛 弘一郎
  • 上村 芳三
  • 吉澤 秀和
技術名称 飼料用マイクロカプセル
技術概要 飼料用マイクロカプセルは、水溶性栄養成分を含有する水相を分散している、油溶性栄養成分を含有する油相が、生分解性ポリマー膜によって被覆されている。このような飼料用マイクロカプセルは、養殖業や畜産業などにおいて魚介類や動物に与える飼料として、またペットや観賞魚などの飼料として、そのまま、またはその他の飼料と混合して使用することができる。好ましくは、飼料用マイクロカプセルは、油溶性栄養成分がDHA、EPAおよび/またはこれらの脂肪酸を構成成分として含む食用油を含有し、水溶性栄養成分がアミノ酸および/または水溶性タンパク質を含有し、粒径が5~20μmである。これにより、それを稚魚の餌用生物(ワムシ類など)に、確実に摂取させることができ、各種の栄養成分がバランスよく強化され且つ消化性も良好な飼料として与えることができ、このため、餌用生物を捕食する稚魚を死滅させることなく健全に生長させることができる。
研究分野
  • 増養殖の技術
  • 餌料
展開可能なシーズ 養殖稚魚が捕食する餌用生物の飼料などとして好適な、各種の栄養成分がバランスよく含有され、水溶性栄養成分、特に必須アミノ酸またはそのようなアミノ酸を構成成分として含むタンパク質が、多量に含有されている飼料用マイクロカプセルを提供する。
生分解性ポリマー膜によって、水溶性栄養成分の水相を分散させている油溶性栄養成分を含有する油相を、確実に内包保持させることができ、また、油相中に、油溶性栄養成分に加えて水溶性栄養成分を充分に含有させることができるので、摂取し易く且つ各種の栄養成分をバランスよく含有している養殖業や畜産業などにおける魚介類や動物の飼料として好適である。
用途利用分野 養殖稚魚
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 株式会社 鹿児島TLO, . 幡手 泰雄, 河野 恵宣, 塩盛 弘一郎, 上村 芳三, 吉澤 秀和, . 飼料用マイクロカプセル. 特開平10-327770. 1998-12-15
  • A23K   1/16     
  • A23K   1/18     
  • B01J  13/02     

PAGE TOP