TOP > 技術シーズ検索 > 植物において外来遺伝子を安定に発現させる導入方法

植物において外来遺伝子を安定に発現させる導入方法

シーズコード S100001533
掲載日 2010年9月17日
研究者
  • 新名 惇彦
  • 吉田 和哉
  • 加藤 晃
  • 赤坂 甲治
  • 久住 高章
  • 田中 良和
技術名称 植物において外来遺伝子を安定に発現させる導入方法
技術概要 タバコ細胞において外来遺伝子を安定に発現させるために、ウニアリルスルファターゼ由来のインスレーターをこの外来遺伝子の5’上流側及び3’下流側の両側に連結したベクター又はウニアリルスルファターゼ由来のインスレーターをこの外来遺伝子の5’上流側のみに連結したベクターを作製する。そして、このベクターを用いてインスレーターおよび外来遺伝子をタバコ細胞内に導入する工程を含む、遺伝子導入方法である。また、この導入方法により、外来遺伝子を安定に発現させた、形質転換タバコ細胞である。即ち、植物におけるトランスジーンのポジション効果を減少させるために、染色体上でエンハンサー機能を遮断するインスレーターを利用することで、タバコ培養細胞において導入遺伝子の発現量が増大することなく安定化させることができる。
研究分野
  • 作物の品種改良
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ インスレーターを利用することにより、導入遺伝子の発現量を増大することなく安定化させ、導入位置の周辺の影響、すなわちポジション効果を回避し、植物においてトランスジーンを安定的に発現させる方法を提供する。
インスレーターは植物細胞内で機能して導入遺伝子の発現を安定化し、トランスジーンを植物体の中で安定に発現させることができる。
用途利用分野 形質転換植物、遺伝子組み換え植物
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 奈良先端科学技術大学院大学, . 新名 惇彦, 吉田 和哉, 加藤 晃, 赤坂 甲治, 久住 高章, 田中 良和, . 植物において外来遺伝子を安定に発現させる導入方法. 特開2000-228925. 2000-08-22
  • A01H   5/00     
  • C12N   5/10     
  • C12N  15/09     

PAGE TOP