TOP > 技術シーズ検索 > 廃プラスチック選別機

廃プラスチック選別機

シーズコード S100001615
掲載日 2010年10月4日
研究者
  • 平林 漸
  • 米田 健一
  • 米澤 富任
  • 荒井 良晴
  • 木村 真康
技術名称 廃プラスチック選別機
技術概要 (1)廃プラスチック選別機は、被選別物を投入する投入口35を有するトンネル型の機体21と、この機体21の内部にその長手方向に沿って架設されベルト搬送面に被選別物搬送方向と交差する方向に延びると共に起立した複数の桟を被選別物搬送方向に沿って間隔を存して設けたベルトコンベア22とを備える。さらに廃プラスチック選別機は、投入口35に対してベルトコンベア22の被選別物搬送方向下流側の機体端部に設置されベルトコンベア22の被選別物搬送方向上流側に向けて機体21の内部に風を送る風発生手段を備え、トンネル型の機体には投入口35に対してベルトコンベア22の被選別物搬送方向下流側の機体端部と被選別物搬送方向上流側の機体端部に選別された被選別物を排出する排出口38,39を夫々有する。(2)上記(1)の廃プラスチック選別機において、風発生手段は風を吹出す吹出し口64を備え、この吹出し口64には吹出される風の向きを調整する風向調整ダンパ24,25が設けられていることが好ましい。このようにこの廃プラスチック選別機は簡素な構成をなしている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-161325.gif
研究分野
  • 産業機械・機器
  • コンベヤ
展開可能なシーズ 被選別物投入口を有するトンネル型の機体内部に、長手方向に沿って搬送方向と交差する複数の桟をベルト面に間隔を置いて起立させたベルトコンベアを設け、搬送方向下流から上流に向け機体内に送風することにより、比重の近似した物を確実に分別可能とする。
通常の風力選別機では発泡トレイとプラスチックフィルムのような選別が困難であった被選別物の選別が可能な廃プラスチック選別機を簡素な構成で提供できる。また、風発生手段の吹出し口に風向調整ダンパが設けられているので、風発生手段の風を被選別物を選別するに適した風向に調整することができる。機体の投入口に風向調整ダンパが設けられているので、機体内部を流れる風を投入口から投入される被選別物の状態に応じて適切な風向に調整することができる。
用途利用分野 重量物と軽量物を選別する廃プラスチック選別機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 文部科学省研究振興局長, . 平林 漸, 米田 健一, 米澤 富任, 荒井 良晴, 木村 真康, . 廃プラスチック選別機. 特開平11-010088. 1999-01-19
  • B07B   4/02     
  • B09B   5/00     

PAGE TOP