TOP > 技術シーズ検索 > 血液適合性に優れたセラミック及びその製造方法

血液適合性に優れたセラミック及びその製造方法

シーズコード S100001618
掲載日 2010年10月4日
研究者
  • 高島 征助
  • 尾坂 明義
  • 大槻 主税
  • 早川 聡
技術名称 血液適合性に優れたセラミック及びその製造方法
技術概要 血液適合性を有するシリカ-アルミナ-リン酸カルシウム系セラミックの製造方法は、下記の工程からなる。1)シリカゾル及び硝酸カルシウムの水溶液を調製する工程、2)リン酸水素二アンモニウムの水溶液を調製する工程、3)アルミナゾルを調製する工程、4)前記1)及び2)の工程で得られた各水溶液をアルカリ性にする工程、5)前記4)の工程で得られたシリカゾル及び硝酸カルシウムのアルカリ性水溶液に、前記4)の工程で得られたリン酸水素二アンモニウムのアルカリ性水溶液及び前記3)の工程で得られたアルミナゾルを同時に添加する工程、並びに6)前記5)の工程で得られた反応混合物を熟成し、400から600℃の温度で焼成する工程、を有し、かつ前記5)の工程で用いるシリカゾルとアルミナゾルのシリカ/アルミナ重量組成比が3/7から5/5である。このような手順により製造されたシリカ-アルミナ-リン酸カルシウム系セラミックは、その系内で、リン酸カルシウムをミクロな状態でより均一に分散させることができる。得られるセラミックは、シリカゾル及びアルミナゾルに、リン酸カルシウムを機械的に混合した場合に比べ、血液適合性に優れる。
研究分野
  • 吸着剤
  • 各種物理的手法
  • 医用素材
展開可能なシーズ 血液適合性に優れたシリカ-アルミナ系セラミック、及びその製造する方法を提供する。
シリカ-アルミナ-リン酸カルシウム系セラミックは、ヒト免疫不全ウイルス、肝炎ウイルス等の病因物質を、血液凝固を起こさせることなく吸着することができる。また、セラミックの製造方法は、市販品を使用し、水のような容易に入手可能な溶媒を使用するので、上記の優れたセラミックを、不純物を含有することなく、効率よく製造することができる。
用途利用分野 血液浄化用吸着剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人岡山大学, . 高島 征助, 尾坂 明義, 大槻 主税, 早川 聡, . 血液適合性に優れたセラミック及びその製造方法. 特開平11-262658. 1999-09-28
  • B01J  20/10     
  • A61L  33/00     
  • C04B  35/10     
  • C04B  35/18     

PAGE TOP