TOP > 技術シーズ検索 > CMOS多数決回路

CMOS多数決回路

シーズコード S100001627
掲載日 2010年10月4日
研究者
  • 中島 康治
  • 佐藤 茂雄
技術名称 CMOS多数決回路
技術概要 2値信号検出部14のノードの電位の変化に応じて複数の2値信号の多数決出力である2値出力を生成する出力回路(C部)15、及び各電流制御MOSトランジスタのゲートを制御するバイアス回路13等を設ける。即ち、電位Vに応じて多数決出力を発生するインバータ回路であるC部15を設ける。かかるC部15において、第6のpMOSトランジスタ10のドレインと第5のnMOSトランジスタ11のドレインの結合点を出力Voutに接続し、多数決の結果を2値信号により出力する。また、C部15のCMOSインバータの反転閾値電圧と同じ電圧を発生するバイアス回路(A部)13を設ける。かかるA部13において、A部13を構成するトランジスタは対応するC部15を構成する各トランジスタと実質的に同じ形状及び不純物濃度分布を有し、Vrefに発生する電圧がC部インバータの反転閾値電圧と同じ電圧となるように制御する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-038280.gif
研究分野
  • 電子回路一般
  • トランジスタ
展開可能なシーズ 通信用LSI、ニューロチップ、フォールトトレラントシステム等に好適に利用可能な、高速かつ小面積の集積化された大きなファンインを実現する多数決回路を提供する。
2値信号検出部のノードの電位の変化に応じて複数の2値信号の多数決出力である2値出力を生成する出力回路、及び各電流制御MOSトランジスタのゲートを制御するバイアス回路等を設けることにより、小面積、高速性及び大きなファンインを実現することができる。
用途利用分野 通信用LSI、ニューロチップ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東北大学, . 中島 康治, 佐藤 茂雄, . CMOS多数決回路. 特開2001-230665. 2001-08-24
  • H03K  19/23     

PAGE TOP