TOP > 技術シーズ検索 > パラジウムの選択的抽出剤およびパラジウムの選択的抽出・回収方法

パラジウムの選択的抽出剤およびパラジウムの選択的抽出・回収方法

シーズコード S100001727
掲載日 2010年10月4日
研究者
  • 貝掛 勝也
  • 馬場 由成
技術名称 パラジウムの選択的抽出剤およびパラジウムの選択的抽出・回収方法
技術概要 金属イオンとして少なくともパラジウムを含有する塩酸酸性水溶液からパラジウムを選択的に抽出するための、カフェインを有効成分とするパラジウムの選択的抽出剤である。また、金属イオンとして少なくともパラジウムを含有する塩酸酸性水溶液にカフェインをパラジウムの選択的抽出剤として含有する抽出溶媒を液-液接触させ、パラジウムを抽出溶媒中に抽出するパラジウムの選択的抽出方法である。さらに、金属イオンとして少なくともパラジウムを含有する塩酸酸性水溶液にカフェインをパラジウムの選択的抽出剤として含有する抽出溶媒を液-液接触させ、パラジウムを抽出溶媒中に抽出し、この抽出したパラジウムを含有する抽出溶媒に水性の逆抽出溶媒を液-液接触させ、パラジウムを逆抽出溶媒中に逆抽出するパラジウムの回収方法である。上記の方法であって、抽出溶媒はクロロホルムに2-エチルヘキシルアルコールをクロロホルムの重量に対して5ないし30重量%添加したものであるパラジウムの選択的抽出方法及び回収方法である。2-エチルヘキシルアルコールは、パラジウム抽出後の有機相に生ずる沈殿の発生を防止する。クロロホルム以外にトルエン等も使用できる。
研究分野
  • 抽出
  • 資源回収利用
展開可能なシーズ パラジウムに加えて卑金属および/または他の貴金属が共存する系であっても、この系からパラジウムを高い選択性をもって効率的に抽出し得、それ自体環境的に悪影響をもたらさないパラジウムの選択的抽出剤およびこの抽出剤を用いたパラジウムの抽出・回収方法を提供する。
カフェインが従来の抽出剤に比べて遥かに高い抽出率で、かつ高い抽出速度でパラジウムを抽出できる。さらに、カフェインを用いてパラジウムを抽出した場合には、抽出されたパラジウムを含有する抽出溶媒から容易にパラジウムを逆抽出でき、しかも逆抽出溶媒の調製によっては逆抽出率を高くすることができる。
用途利用分野 カフェイン使用パラジウム選択的抽出剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人宮崎大学, . 貝掛 勝也, 馬場 由成, . パラジウムの選択的抽出剤およびパラジウムの選択的抽出・回収方法. 特開2000-126504. 2000-05-09
  • B01D  11/04     

PAGE TOP