TOP > 技術シーズ検索 > フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法

フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法

シーズコード S100001745
掲載日 2010年10月4日
研究者
  • 時田 澄男
  • 太刀川 達也
技術名称 フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法
技術概要 式(1)で示されるフェノキサジン系化合物である。式(1)において、R、R、R、Rは、水素原子又は同一若しくは異なるアルキル基を示し、Aは、オルト位にニトロ基を有し、さらに他の置換基を有していてもよい芳香環を示し、nは1~5の整数を示す。放射線の照射によって発色するこのフェノキサジン系化合物を含有するカラーフォーマー及び放射線検出ラベルである。このカラーフォーマー又はこの放射線検出ラベルを使用して放射線の照射による発色又は変色を目視で確認して放射線を検出する。式(1)のフェノキサジン系化合物を含有するカラーフォーマーカラーフォーマーは溶媒中又は担体中に分散させた形態とする。ニトロベンジルエステルが図に示すような径路で光や電子線で開裂反応することに注目し、この放射線感応物質は、放射線の照射により、-CH2-О-CО-N=結合のCО-Nの結合が開裂して、フェノキサジン化合物のイオンが生成することにより発色し、放射線を視認することができる。式(1)の化合物としては式(7)の化合物等を例示できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2002-084898_1.gif thum_2002-084898_2.gif thum_2002-084898_3.gif
研究分野
  • 各種有機化合物の製造
  • 有機化学反応一般
  • 放射線検出・検出器
展開可能なシーズ 広い幅で放射線に感応して発色し、放射線照射を目視で確認することが可能なフェノキサジン系化合物を提供する。
広い幅で放射線に感応して発色し、放射線照射を目視で確認することが可能なフェノキサジン系化合物、この化合物を含有するカラーフォーマー及び放射線検出ラベルを得ることができる。更に放射線により検知体の発色又は色の変化を目視で確認する放射線の検出方法を得ることができる。
用途利用分野 被曝管理、滅菌加工
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人埼玉大学, . 時田 澄男, 太刀川 達也, . フェノキサジン系化合物及び放射線検出方法. 特開2003-277368. 2003-10-02
  • C07D 265/38     
  • C09K   9/02     
  • G01T   1/04     

PAGE TOP