TOP > 技術シーズ検索 > レーザ溶接ヘッド制御システムおよびこれを具えるレーザ溶接ヘッド

レーザ溶接ヘッド制御システムおよびこれを具えるレーザ溶接ヘッド

シーズコード S100001926
掲載日 2010年10月6日
研究者
  • 武笠 幸一
  • 池田 正幸
  • 末岡 和久
  • 上田 映介
  • 上遠野 久夫
  • 武藤 征一
技術名称 レーザ溶接ヘッド制御システムおよびこれを具えるレーザ溶接ヘッド
技術概要 レーザ溶接ヘッドは、YAGレーザ入射口1と、YAGレーザ出射口2と、半導体レーザ装置3および4と、CCDカメラ5とを具える。YAGレーザ入射口1から入射されたYAGレーザビームは、集光され、YAGレーザ出射口2から溶接部材の溶接面に対して放射される。半導体レーザ装置3および4は、例えば、溶接面におけるシームラインと直角に交わるようなラインレーザ光を、例えば、45°の斜め方向から放射する。CCDカメラ5は、溶接面の方向を向き、溶接面を撮影する。CCDカメラ5には、ラインレーザ光の波長のみを透過させるバンドパスフィルタが装着される。すなわち、CCDカメラ5は、外光および溶接レーザ光に妨げられることなく、溶接面で反射された半導体ラインレーザ光のみを撮影することができる。撮影された画像は画像処理部に送られ、画像処理を施され、2本のラインレーザ光の間隔、相対位置および絶対位置と、各々のラインレーザの太さおよび形状とが決定される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2000-138283.gif
研究分野
  • 溶接装置
  • 図形・画像処理一般
  • レーザ一般
展開可能なシーズ 簡単な構造のレーザ溶接ヘッド制御システムおよびこれを具えるレーザ溶接ヘッドを提供する。
画像処理が高速化され、溶接部品のセッティング作業の時間が短縮でき、溶接の再現性や信頼性を向上させることができる。また、これらのデータから、異常状態による溶接欠陥の発生を監視することも可能にする。
用途利用分野 バンドパスフィルタ、CCDカメラ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人北海道大学, . 武笠 幸一, 池田 正幸, 末岡 和久, 上田 映介, 上遠野 久夫, 武藤 征一, . レーザ溶接ヘッド制御システムおよびこれを具えるレーザ溶接ヘッド. 特開2001-321971. 2001-11-20
  • B23K 26/00      
  • B23K 26/00    310
  • B23K 26/02      
  • B23K 26/06      
  • G01B 11/00      
  • G01B 11/02      
  • G01B 11/24      

PAGE TOP