テクニカル・アイ(特許目利きによるコラム)

革新的脂質代謝改善素材

【新技術の概要】

 血清CHOL低下作用を動物実験で発揮する大豆β-コングリシニン由来の疎水性ペプチドを発見するために、ペプチドアレイを作成し、胆汁酸結合ペプチドを探索した。その結果、我々の発見(Biosci.Biotechnol.Biochem.74:1738-1741 (2010))した胆汁酸結合ペプチドであるVAWWMY(ソイスタチン)と比較してより強い胆汁酸結合ペプチドを数個発見した。
 発見したペプチド中にはCHOL吸収を抑制する医薬品であるコレスチラミンと同程度に、in vitroでのCHOLミセル溶解性の阻害作用を発揮する新規ペプチドが存在し、動物実験でコレステロール吸収を抑制することを明らかにした。

LH-2011-188_01.jpg

【従来技術・競合技術との比較】

 ペプチドアレイによる脂質代謝改善ペプチド(胆汁酸結合ペプチド)探索・評価技術は、従来技術に比べ、探索評価の時間が大幅に削減できる。また、in vitroのコレステロールミセル溶解性、胆汁酸結合能試験や動物実験(短期経口投与実験)などと組み合わせて、革新的脂質代謝改善素材開発に向けた加速が期待できる。

【本技術に関する知的財産権】

1.特開2010-222300号
 「機能性ペプチドを表すルールの抽出法、機能性ペプチドの設計法及び調製法、ポリペプチド又は ポリペプチド含有組成物の評価法、並びに機能性ペプチド」
 出願人:名古屋大学

【想定される技術移転】

 革新的脂質代謝改善素材探索・評価の高効率化と活用に関する技術を関連企業と連携し、革新的脂質代謝改善素材として実用化を目指したい。本技術の実用化により、高脂血症の予防改善を飛躍的に進歩させることができ、新しい機能性食品、特に特定保健用食品の開発への貢献が期待できる。

【お問い合わせ先】

岐阜大学応用生物科学部
教授 長岡 利
TEL&FAX 058(293)2931

岐阜大学 産官学融合本部
コーディネータ 安井秀夫
TEL 058(293)2034
FAX 058(293)2032

編集: JST 産学連携展開部 事業推進(募集・探索)担当
問合せ先 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 産学連携展開部
〒102-0076 東京都千代田区五番町7
E-mail: e-mail address TEL: 0120-679-005 FAX: 03-5214-8399

PAGE TOP